주요 기사 바로가기

プロ野球にも八百長説…芸能界の関与もにおわすブローカー=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.14 08:25
0
プロサッカーとプロバレーボールの八百長事件が野球やバスケットボールなどプロスポーツ界全般に広まる可能性が大きくなっている。

大邱(テグ)地検などが13日に明らかにしたところによると2010~2011シーズンのプロバレーボールの試合で八百長をした容疑でブローカーのキム氏を追加調査している。キム氏はプロサッカー2010年リーグでの八百長容疑で懲役4年を宣告され服役中だ。キム氏はプロバレーボールの八百長容疑で最近検察に拘束された別のブローカーのカン氏とは違うプロスポーツの八百長にも関与したと供述したことがわかった。カン氏が女子プロバレーボールとプロ野球などの八百長にも介入したということだ。検察はキム氏が述べたカン氏の手法とベッティング過程が具体的なことから八百長が別の種目に広がったのかに注目している。

キム氏はまた、カン氏が芸能企画関連の仕事をしながら普段は有名コメディアンらと親しくしていたと述べた。コメディアンのマネジャーが八百長情報でプロスポーツの試合に賭けていたと理解していると述べるなど、芸能界の関与説を主張した。

一方、韓国バレーボール連盟(KOVO)はこの日賞罰委員会を開き、今回の事件に加担したことがわかった韓国電力のイム・シヒョン、パク・ジュンボム、キム・サンギと尚武(サンム)のチェ・グィドンの選手4人に対し永久除名することにした。永久除名された選手らはバレーボール連盟が主管する各種大会で選手としてはもちろん指導者としても活躍することはできない。

KOVOはまた、この日役員と全チームの選手、事務局職員ら370人余りが集まる中で不正防止教育と自浄決議大会を開いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP