주요 기사 바로가기

韓国の有名プロデューサ、盗作訴訟で敗訴…「直ちに控訴する」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.10 16:56
0
盗作訴訟で敗訴となった歌手でプロデューサーのパク・ジニョンが控訴する意志を明らかにした。

パク・ジニョンは10日午後、ソウル瑞草区瑞草洞(ソチョグ・ソチョドン)のソウル中央地方裁判所で開かれた宣告公判で敗訴となった。この結果を不服として、パク・ジニョンは直ちに控訴する姿勢を見せた。

公判後、パク・ジニョンが代表を務めるJYPエンターテンイメントは報道資料を出して、「原告のキム・シニル氏が独創的だと主張する調和数列は、パク・ジニョンが先にg.o.d.の曲『0%』で使っている。その後、またRain(ピ)の『Move on』でも使った」と説明した。続いて「パク・ジニョンは、本人の作品に使った調和数列とメロディーパターンを使って新しい曲を創作した。盗作では絶対ない」と主張した。

これに先立ち裁判部は「被告パク・ジニョンの歌『Someday』の中で、4節が原告キム・シニルの曲『私の男へ』と非常に似ている。原告に2次著作権侵害が発生し、被告は原告に2167万ウォン(約150万円)を賠償せよ」とする原告の部分勝訴判決を下した。

続いて「2つの曲のリフレーン4節の音調、和音、リズムが似ている。『私の男へ』が、正式に発売されて地上波放送に出たため、パク・ジニョンが抽象的でも近付いた可能性がある」とした。

作曲家のキム・シニルは昨年7月、パク・ジニョンを相手取って1億1000万ウォン(約800万円)の損害賠償請求訴訟を起こした。しかし、裁判部はパク・ジニョンが全曲ではなくリフレーンの一部だけを盗作したとして2167万ウォンだけを認めた。

パク・ジニョンは裁判後、自身のミートゥデイ(韓国版ツイッター)に「とてももどかしい。私は『私の男へ』という曲を一度だって聞いたことがない。一度も聞いたことのない曲を私が盗作したなんて…気を取り直してもう一度ぶつかって見るつもりだ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の有名プロデューサ、盗作訴訟で敗訴…「直ちに控訴する」

    2012.02.10 16:56
    뉴스 메뉴 보기
    歌手でプロデューサーのパク・ジニョン。
    TOP