주요 기사 바로가기

<野球>あすから「ミニ韓日戦」…日本が認めた韓国野球

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.10 16:14
0
プロ野球の韓日戦が始まる。 日本で合宿中の韓日プロ野球チームが練習試合でシーズンの準備をする。 「ミニ韓日戦リーグ」だ。

日本野球機構(NPB)が最近発表した「アジアスプリングベースボール」日程によると、日本の沖縄や鹿児島などでスプリングキャンプ中の韓国プロ野球7球団(ネクセン・NC除く)とオリックス・ヤクルトなど日本の8球団は、11日から28日まで練習試合30試合を行う。 ここに起亜(キア)-中日(28日)、LG-西武(29日)、LG-千葉ロッテ(3月1日)など両チーム間で合意した3試合を加えると、「ミニ韓日戦リーグ」は33試合となる。

「ミニ韓日戦リーグ」は韓国野球の高まった地位を表している。 3、4年前まで日本は韓国チームとの練習試合に1.5軍または2軍を出していた。 しかし昨年からスプリングキャンプ練習試合に「アジアスプリングベースボール」と正式名称をつけ、1軍を送り出している。

金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会(KBO)規則委員長(65)は「09年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)前まで日本のチームはほとんど1.5軍で試合に臨んだ。 しかし2010年から完全に変わった。 韓国野球を認める雰囲気がその時に形成された」と伝えた。

今回の「ミニ韓日戦リーグ」の最大の目玉は今シーズン日本でプレーする李大浩(イ・デホ、30、オリックス)。 李大浩のオリックスはサムスン(21日)、LG(28日)と練習試合を行う。 昨年までオリックスにいた李承ヨプ(イ・スンヨプ、36、サムスン)と李大浩の新旧大砲対決が繰り広げられる。

林昌勇(イム・チャンヨン)が所属するヤクルトもサムスン(2試合)、LG(2試合)、ハンファ、起亜など韓国チームと6試合を行う。 昨年のセリーグ最多勝投手(18勝)の内海哲也(30、読売)、吉見一起(28、中日)など日本最高級投手と韓国打者の対戦も注目される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>あすから「ミニ韓日戦」…日本が認めた韓国野球

    2012.02.10 16:14
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、30、オリックス)と李承ヨプ(イ・スンヨプ、36、サムスン)
    TOP