주요 기사 바로가기

【コラム】日本国債を見る目に変化(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.07 17:51
0
とはいえ負債がこれほど増えても問題はないのか。 こうした疑問が提起され始めたというのがが危険信号だ。 最大手銀行の三菱東京UFJは国債価格が急落する可能性に対応して非常計画を準備したという。 日本有力紙が1面トップで伝えた内容だ。 市場で悲観論も増えている。 不渡りリスクを切り離して売買するクレジットデフォルトスワップ(CDS)プレミアムは昨年3月11日の日本大地震当時を上回った。 ヘッジファンド攻撃説も提起される。

金融危機当時に大金を稼いだヘッジファンドマネージャーのカイル・バス氏は日本国債市場をバーナード・マドフの金融ピラミッド(ポンジーゲーム)詐欺に例える。 国債を買おうとする人より売ろうとする人が多くなるある瞬間、手の施しようもなく危機が迫るという警告だ。 出ていく金より入ってくる金が多ければ持ちこたえるが、それが逆転する瞬間に崩れるのが金融ピラミッドだ。

過去に日本国債の価格が落ちる方向に賭けた人たちは利益を得られなかった。 しかし昨年31年ぶりに貿易赤字となり、税金を納めるべき日本企業が次々と赤字を出す状況で、日本国債を眺める市場の目は変わっている。 日本政府や政界が画期的な対策を出すのも難しい。 もう少し税金を徴収しようという程度だ。 日本政府こそが低金利を最も長く最も甘く楽しんだあまり、その害毒を忘れたのではないだろうか。

許貴植(ホ・ギシク)記者
【コラム】日本国債を見る目に変化(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP