주요 기사 바로가기

外国人6兆ウォン買い越し…株価より為替差益狙い=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.03 09:38
0
外国人の資金が韓国株式市場に流入している。2日の金融監督院によると、外国人は先月、月間基準で最大規模となる6兆2000億ウォン分の株式を買い越した。直前の最大規模だった2010年4月の5兆5000億ウォンより7000億ウォン多い。2日にも外国人は1兆ウォン近い買い越しで、総合株価指数(KOSPI)を前日比25.06ポイント押し上げた。

昨年12月は1134億ウォンだった外国人の買い越し額が1カ月で55倍にも増えた理由は何か。まず市中の外国人資金が増えているからだ。欧州中央銀行(ECB)は昨年12月、5000億ユーロの資金を1%の低金利、3年満期で銀行に貸し、グローバル金融市場の流動性が高まった。東部証券のイ・ウンテク研究員は「ヨーロッパ主要国の格下げの衝撃が小さく、米国の景気指標が改善されるなど不確実性が減り、投資家が安全資産から危険資産に視線を移している」と分析した。

では、なぜ韓国株なのか。金融監督院のファン・ソンユン証券市場チーム長は「新年に入ってポートフォリオを再調整する過程で、ファンダメンタルズが相対的に良好な韓国に投資を拡大したと考えられる」と分析した。

専門家らは外国人が韓国の「株」ではなく韓国の「貨幣」を買っていると分析している。KOSPIは2日、1980を超え、昨年8月の欧州財政危機が本格化する前のレベルを回復した。しかし韓国ウォン(1ドル=1118.4ウォン)は当時(1060ウォン)に比べてまだ安い。今後、ウォン高ドル安になれば為替差益を期待できる。

今年に入って韓国ウォンは3%値上がりした。外国人が年初に株式を買っていれば、株価は同じでも為替差益だけで3%の収益があったということだ。教保証券のキム・ヒョンリョル投資戦略チーム長は「株価は昨年8月当時の水準まで回復したが、為替レートはまだ1ドル=1120ウォンなので、外国人の立場では安いと感じるはず」とし「外国人は株式よりも韓国ウォン資産という観点で株を買っているのだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP