주요 기사 바로가기

【コラム】赤面する韓国の卑罵語文化(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.31 14:05
0
「国民の放送」といわれる韓国放送公社(KBS)で赤面するほどの法廷争いが繰り広げられている。KBS労組が「労報」に2011年の四字成語として「施罰労馬」を載せたことに対し、KBS経営陣が侮辱罪容疑で労組幹部を告訴したのだ。

「施罰労馬(シパロマ)」。実に妙な言葉だ。漢字では「熱心に働く馬を罰する」という意味になる。しかし韓国語の発音では口にできない卑罵語だ。労組側は「昨年放送されたKBSドラマ『栄光の才人』から出たセリフ」として、あくまでも風刺とユーモアであることを強調している。「栄光の才人」に出てきた「足家之馬(チョカジマ)」を付ければさらにひどくなる。三流の輩の口から出てきそうな下品な言葉だ。漢字文化圏のどの学者も解読不可能だろう。

KBS労組の誘致した言語遊戯を眺めながら「放浪詩人キム・サッカ」が頭に浮かんだ。みずぼらしい身なりのキム・サッカが、ある書堂に立ち寄り、礼儀知らずの学童の冷やかしを受けて書いたという「辱説某書堂」という詩の一つを思い出したからだ。漢字の訓とハングルの音を絶妙にかけ合わせ、読む人の失笑を誘う。19世紀中盤を風靡したキム・サッカはKBS労組の「卑罵語労報」をどう見るだろうか。一度笑った後、労使双方の後頭部をぶつような風刺詩を書いたのではないだろうか。

国籍不明の卑罵語文化は今では珍しい現象でない。ツイッターをはじめとするソーシャルネットワークサービス(SNS)の拡散に乗って、全国的に「卑罵語競演大会」が繰り広げられているようだ。法服を着る謹厳な表情の現職判事までもツイッターで卑罵語を使っている。中・高校の教室を占領した「シバ」という卑罵語が公論場(public sphere)にもあふれる。KBS労使の事例は韓国語がどこまで墜落しているかをよく表している。10大経済大国を目指すという大韓民国社会の内部を表しているようでやるせない。
【コラム】赤面する韓国の卑罵語文化(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP