주요 기사 바로가기

韓国の駐中国外交官数が増加…日本など主要国優先順位に変化?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.31 09:10
0
韓国が相手にする主要国の優先順位が変わる雰囲気だ。在外公館数、駐在外交官数を比較したものだ。核心外交相手の日本と米国を抜き浮上する中国の地位がくっきりと現れた。

外交通商部が30日に明らかにしたところによると、2012年1月現在で中国に設置された韓国公館は駐北京大使館を含め10カ所に上る。駐日公館数と同じで、13カ所の駐米公館数に追いついた。

日米中3カ国で勤務している韓国の外交官数でも変化が現れた。特に最近中国勤務者が米国と日本勤務者の数を抜いたという。外交通商部関係者は、「駐米大使館の国防関連駐在官を除けば領事および経済、政務外交官数はすでに駐中大使館がワシントンより多くなったと理解している」と話した。

3カ国が韓国に設置した公館の数でも中国が最多になった。韓国と北朝鮮を除く192カ国うち韓国と国交がある国は188カ国で、これらの国が韓国に設置した公館数は大使館が112、総領事館が42、領事出張所が4の159カ所に上る。また別の関係者は、「昨年9月に中国・大連に領事出張所ができ、韓国の在外公館数は米国が13カ所、日本と中国が同じ10カ所になった。ソウルに駐在する外交官規模もこの数年で中国が日本を追い抜き、米・中・日の順序になった」と話した。

駐中公館は92年の修交後2~3年にひとつのペースで増えている。92年の駐北京大使館に続き、93年に上海、94年に青島、2001年に広州、2003年に瀋陽、20004年に成都、2006年に西安、2009年に武漢にそれぞれ総領事館ができた。中国・天津市は韓国政府に総領事館設置を求めているという。

米国の場合、韓国公館の数は最も多いが増えることはない。1948年にロサンゼルス総領事館が初めて設置されてから大使館と9カ所の総領事館、駐国連代表部、出張所2カ所がある。日本では65年の修交後70年代に公館数が増えたがその後は停滞している。

外交安保研究院中国研究センターのシン・ジョンスン所長は、「韓中修交20年で両国が政治安保的次元で限界点も露呈したが、人的・物的交流はさらに深まり公館数や外交官数が増え続けている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP