주요 기사 바로가기

JYJのドキュメンタリー映画が突然公開中止に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.30 14:15
0
JYJのドキュメンタリー映画「The Day」が、映画館側の突然の「契約不可」通知により公開が中止された。

JYJの所属事務所のシージェスエンターテイメントは30日、公式ホームページを通じて「『The Day』の劇場公開が、やむを得ずキャンセルになったことをお知らせいたします。まずもって、ファンの皆さんとお約束した上映ができなくなり、非常に遺憾に思っています」と知らせた。

「The Day」は、JYJの日常を撮影したドキュメンタリー映画で、従来はQTVで昨年に放映される事になっていたが不発に終わっていたものだ。所属事務所は「バレンタインデーに向けてのファンサービスで、JYJストーリーの完全版。CGVの全国主要20カ所の映画館で公開する予定」として期待を集めていた。しかし急きょ公開が中止され、その背景に何があったのかが気になるところだ。

所属事務所側は、「1カ月間、協議を重ねた末に契約を終えたが、CGV側が20日に電話を通じて『最終決定権者の承認が下りない契約なので、契約を白紙に戻さなければならない』と伝えてきた。しかし、われわれは『1カ月以上かけて双方が協議をして契約までしたのに、内部帰責事由によって契約が破棄されるのは納得できない。上映時期を調整するなど、われわれが理解できる次善策を出して協議してこそ正しい』と反論した」と説明した。

しかし「The Day」上映の件は、内部報告や進行プロセスの原則に沿ってきちんと履行されていないケースとして白羽の矢が立ち、上映が難しくなった。

所属事務所は続いて「協議ではなく、公開自体が難しいという通知だった」と反発し、「チャンネルを持つ事業権者の有利な立地を悪用し、企業大企業の契約を一方的に破棄しようとするCGVを、公正取引委員会と苦情処理委員会に申し出て、正当な権利を取り戻せるよう最善の努力を尽くしたい」と強力対応の意志を表明した。

また、このような事態をめぐり、最近、社会的な問題となっている「集団からの仲間はずれ」も引用した。所属事務所は「他人を集団から孤立させることで、自分を中心とした集団の結束を強化するのが“仲間はずれ”の本質だと理解している。このような状況に背を向け、傍観している社会全体の根幹を揺るがす事態が起きた。不条理な状況で、第2・第3の被害者が発生しないよう、ためらったり諦めたりしないで戦っていきたい」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    JYJのドキュメンタリー映画が突然公開中止に

    2012.01.30 14:15
    뉴스 메뉴 보기
    グループのJYJ。
    TOP