주요 기사 바로가기

IMF、今年の韓国の経済成長見通し3.5%に引き下げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.30 08:23
0
国際通貨基金(IMF)が今年の韓国経済成長率を3.5%と予測した。これはIMFが昨年9月に出した今年の成長見通し4.4%より0.9ポイント低く、昨年末に韓国政府が大幅に引き下げた今年の成長率見通し修正分の3.7%より悲観的だ。

IMFは19~20日にメキシコで開かれた主要20カ国(G20)財務次官会議に提出した「世界経済見通しと政策変化」と題する報告書で、G20各国の今年の成長見通しを公開した。IMFは先週の世界経済修正見通しで今年の世界経済成長率を昨年9月の見通しより0.7ポイント低い3.3%と発表したが、韓国の成長率数値は公開しなかった。報告書によると、G20諸国の今年の成長率は昨年の4.0%より低い3.5%と予想された。G20先進国は1.3%、G20開発途上国は6.1%の成長が予想された。

IMFは世界の家計・企業・政府がすべて需要を減らせば世界経済の下降リスクがより大きくなる「節約の逆説」にも言及した。報告書は、「強くて持続可能でバランスが取れたグローバル経済成長のためにはグローバル不均衡を減らすための共同努力が必要だ。先進赤字国は家計負債を減らし、開発途上黒字国は共生成長に努める一方、貯蓄を減らす(消費を増やす)努力が必要だ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP