주요 기사 바로가기

サムスン家のホテル新羅、コーヒー・ベーカリー事業撤収へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.27 14:51
0
ホテル新羅が26日、コーヒー・ベーカリー事業を撤収すると明らかにした。 李明博(イ・ミョンバク)大統領が大企業2、3世の小商工人業種進出実態の把握を指示した翌日に出てきた決定だ。

今回の決定が、ロッテや新世界(シンセゲ)のベーカリー事業撤収にまでつながるかどうかが注目される。 汎LG家の食品会社アワーホームもこの日、スンデ(腸詰)・清麹醤(発酵大豆のスープ)事業を撤収すると発表した。

ホテル新羅の関係者は「コーヒー・ベーカリー事業の撤収は、大企業の小商工人業種参加に対する社会的な世論に応じて、共存経営を実践するという趣旨で下した決定」とし 「これについては年末から法律検討してきた」と説明した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は歓迎するという立場だ。 青瓦台の関係者は「企業が過去のように無限競争するのではなく、共存へと変化しなければならないというのが李大統領の注文だった」とし「ただ、政府が民間企業のことに口出しするのは適切でないという指摘があり、公開的に発言しなかったが、企業が履行してくれるのは有難い」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP