주요 기사 바로가기

北朝鮮、韓国軍の射撃訓練を「侵略戦争演習」と非難

ⓒ 中央日報日本語版2012.01.27 10:12
0
北朝鮮が韓国軍の射撃訓練を非難した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、韓国軍がこの日、西北島嶼地域で射撃訓練を実施したことに関し、「表面では対話を望むかのように世論を広め、裏では侵略戦争演習で延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件事態を再現しようとしている」と報じた。

続いて「2010年11月に延坪島から北側の領海に手を出して砲撃を受け、恨みを抱いた李明博(イ・ミョンバク)逆賊は、チャンスを狙ってきた」とし「このため朝鮮西海5島で北侵略攻撃演習が特に増えている」と伝えた。

海兵隊はこの日午前、K-9自走砲と20ミリバルカン砲、81ミリ迫撃砲などをペクリョン島と延坪島付近の海上に発射し、2時間ほど射撃訓練を行った。金正日(キム・ジョンイル)の死去後、前方地域での射撃訓練は今回が初めて。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP