주요 기사 바로가기

日本・中国VVIP観光客を案内する“コンシェルジェ”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.26 15:57
0
20、30歳代の中国人女性にとってコンシェルジュはファッションメンターだ。 コンシェルジュが推薦した通りに服や化粧品を購入する。 ある日、女性顧客がチャ・マネジャーのスカートを見て「かわいい、どこで購入したのか」と尋ねてきたため、「韓国ブランドのアイザットコレクション(IZZAT COLLECTION))の製品」と知らせたという。 この顧客はすぐに売り場へ行き、スカートを色別に15着も購入した。

「みずぼらしく見える中国人顧客も丁寧にもてなす」。コンシェルジュの原則だ。 中国人観光客は懐事情と見だしなみが一致しないケースが多い。 ある日、安っぽいジャンバー姿の50代の中国人男性3人が名品館を訪れ、コンシェルジュが親切に案内した。 3人はエルメスのバッグ「バーキン」を色別に選び、2000万ウォン以上を現金で決済した。 「来年また来る」と言いながら出した名刺には有名企業の代表・社長という肩書が書かれていた。

中国人観光客はコンシェルジュに「韓国人は天使のようだ」という話をよくする。 共産主義国家の中国には「お客様は神様」という認識が薄い。 ところが韓国に来ればコンシェルジュが1年前に訪れた顧客の顔、名前、好みまで記憶しているため、感動を受けるという。 コンシェルジュは時には‘解決人’にならなければならない。 常連の中国人観光客は韓国で不便を感じれば、真っ先にコンシェルジュを探す。 夜12時に電話をして、「飲食店にいるが、テンジャンチゲ(味噌鍋)の辛さを控えめにしてほしいと伝えてほしい」と頼む顧客もいる。 2億5000万ウォンを決済した顧客が売り場にパスポートを忘れていき、搭乗時間直前まで仁川空港に空輸したこともあるという。

◇コンシェルジュ(concierge)=ホテル顧客サービス総括者。 交通・観光・飲食店・公演など顧客が望むすべての情報と予約業務を個人秘書のようにサービスする。 最近、中国・日本人観光客が増え、デパートもショッピングコンシェルジュを置いている。
日本・中国VVIP観光客を案内する“コンシェルジェ”(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP