주요 기사 바로가기

【コラム】韓国陸軍も新戦略が必要

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.24 09:14
0
米国の新しい国防戦略が発表された。主要戦争同時遂行戦略であるウィン・ウィン戦略の変更を示唆し、地上軍を縮小しながら海・空軍中心に再編するということだ。米国が米軍を米同時多発テロ以前の規模に回復させても、東アジア・太平洋地域の戦略的重要性を強調しているため、中短期的な変化はそれほど大きくないようだ。しかし環境や資源が変われば米軍は常に新しい戦略を出すという教訓を、韓国は忘れてはならない。また米国の空軍と海軍を活用した公海戦闘を強調している点は、米軍の流動性を増加させる可能性を含蓄している。

ここで韓国がまず考慮しなければならない事項は、2015年12月に韓米連合軍司令部が解体され、戦作権を韓国軍が指揮することになるという事実だ。もし李明博(イ・ミョンバク)政権が盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に決まった戦作権転換時期を3年半遅らせていなかったとすれば、今回の米国の新国防戦略の衝撃は非常に大きくなっていたはずだ。3年半後の韓国軍主導の作戦権行使に備えて、韓国陸軍は現在の戦略と戦力を分析し、必ず新しい戦略と戦力構造改善策を出さなければならない。

まず無形戦力である韓国軍隊の精神姿勢を北朝鮮軍の精神姿勢と比較する必要がある。北朝鮮軍隊はねつ造された歴史と韓米同盟に対する敵がい心で教条化されていて、3代世襲体制を擁護する銃爆弾として忠誠を見せている。さらにサイバー手段で韓国の軍隊と社会を武装解除させようと策動している。これに対抗して、韓国軍は軍隊の精神武装を強化させる画期的な戦略を用意しなければならないだろう。

地上軍の有形戦力は、戦作権転換後、現代式ネットワーク中心戦と迅速な作戦を遂行するのに不足している。もちろん米国の情報監視偵察資産の支援を受けるだろうが、地上作戦は韓国軍を中心に遂行されるため、韓国軍の情報監視偵察能力を大幅に増加させなければならない。歩兵部隊が保有する武器体系の半分ほどが寿命周期がかなり長くなった点、服務期間が21カ月に短縮された兵士の低い熟練度と専門性、低出産のため長期的に減少するしかない軍の規模などは、戦力構造の画期的な改善を必要としている。

戦作権の移譲が3年半先に迫った今、韓国陸軍は韓半島で地上戦をどのように効果的に遂行するかについて、新戦略を準備し、提示しなければならない。核と化学生物武器・ミサイル・特殊軍・自走砲・放射砲などの非対称戦力で武装した北朝鮮が戦争を仕掛けた場合、韓国はどのように北朝鮮を抑制して勝てるのかという問題は、私たちに与えられた大きな宿題だ。

今後準備される上部構造改善と時期を合わせて、陸軍は新戦略とこれを後押しする代案的な戦力構造を国民に提示し、広範囲な討論を経て、汎国民的な支持を求めなければならないだろう。韓半島をはじめとする北東アジア全体の政権と歴史の転換期、安保の不確実性と流動性はさらに高まっている。栗谷(ユルゴク)先生の十万養兵説の教訓を銘記して、韓国陸軍は新戦略と戦争体勢補強策を準備することで、徹底的に国防を保障しなければならない。

韓庸ソプ(ハン・ヨンソプ)国防大副総長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP