주요 기사 바로가기

<大リーグ>ダルビッシュ有がレンジャーズ行き…アジア歴代最高額

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.19 11:18
0
日本プロ野球で最高の投手として活躍したダルビッシュ有(26、日本ハム)が、アジア出身選手では歴代最高額で米メジャーリーグに進出する。

テキサス・レンジャーズ球団は19日(日本時間)、「右腕投手ダルビッシュ有と6年・6000万ドル(約682億ウォン)契約で同意した」と発表した。保障金額は5600万ドルという。今回の契約の総額は歴代のポスティングシステム(公開入札制度)で過去最高額。

テキサスはダルビッシュと独占交渉権を獲得するため、日本ハムに移籍料として5170万ドルを書いて出した。年俸を合わせると、テキサスがダルビッシュ有に使った資金は1億1170万ドル(約1270億ウォン)にのぼる。07年にボストンが松坂大輔を獲得するために投じた従来の最高金額(年俸+移籍料)である6年・1億311万ドルを上回る。

ダルビッシュとテキサスの交渉は難航していた。ダルビッシュは5年・7500万ドルを要求したが、テキサスは5年前にボストンと松坂が結んだ6年・5200万ドルを取り上げた。結局、双方は交渉締切日の19日、テキサスが年俸を引き上げ、ダルビッシュが契約期間1年を譲歩し、劇的に合意した。

イラン人の父と日本人の母の間に生まれたダルビッシュは昨年、日本ハムで18勝6敗、防御率1.44と活躍した。5年連続で180イニングを投げ、1点台の防御率をマークするなど、リーグ最高のエースと評価された。

テキサスはダルビッシュをルイス、オガンド、ホランド、ハリソンらとともに先発投手として起用すると予想される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP