주요 기사 바로가기

<大リーグ>不振の秋信守が490万ドルで契約 なぜ?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.18 14:30
0
秋信守(チュ・シンス、30)が所属球団クリーブランドと年俸490万ドル(約56億ウォン)で2012シーズンの再契約をした。

メジャーリーグ公式ホームページ(MLB.com)は18日(日本時間)、「クリーブランドが秋信守を含め、年俸調停申請を出した選手5人と契約を終えた」と報じた。 これを受け、秋信守は年俸調停の手続きを踏む必要がなくなった。

今年の年俸は昨年の397万5000ドルから23.3%上がった金額。 昨年、飲酒運転やけがで出場が85試合にとどまり、打率2割5分9厘、8本塁打、36打点と振るわなかった点を考えると、期待以上の年俸だ。

メジャーリーグ専門家のソン・ジェウIPSN解説委員は「国内球団は前年の実績に比重を置いて年俸を算定するが、メジャーリーグは新シーズンの期待値を重視する」とし「年俸調停とフリーエージェント(FA)制度が定着してから生じた変化」と説明した。 続いて「昨年振るわなかったが、秋信守は09、10年と連続で打率3割、20本塁打-20盗塁を記録した選手。 クリーブランドは秋信守が今季この程度の成績を出せると期待しているという意味」とし「もし今年も振るわなければ来年の年俸は落ちるかもしれない」と述べた。

秋信守が2013年シーズン後にFA資格を取得する可能性があるという点も、クリーブランドが秋信守を厚遇した理由の一つと考えられる。

朴賛浩(パク・チャンホ)の場合も99年、LAドジャースで防御率5.23(13勝11敗)とやや振るわなかったが、00年の年俸は前年の230万ドルから385万ドルに67.4%上がった。 プロ野球年俸調停制度を研究した経済学博士のチョ・ヨンジュン氏によると、メジャーリーグの年俸算定基準は過去の成績とその成績の持続可能性、似た成績と経歴の他の選手の年俸などだ。

秋信守の年俸はメジャーに定着して初めてプレーした08年は39万400ドルだった。 2010年までメジャーリーグ最低年俸に近い金額を受けていたが、年俸調停申請資格(メジャー3シーズン)を獲得した昨年の年俸は約400万ドルに上がった。 クリーブランド球団は今季後、あらかじめ秋信守に長期契約を提示する可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>不振の秋信守が490万ドルで契約 なぜ?

    2012.01.18 14:30
    뉴스 메뉴 보기
    秋信守(チュ・シンス、30)。
    TOP