주요 기사 바로가기

欧州の若者、韓国と言えば2位「K-POP」…1位は?

ⓒ 中央日報日本語版2012.01.18 10:37
0
欧州の若者たちは韓国と言えば何を思い出すだろうか? 調査の結果、「北朝鮮」(9.1%)、「K-POP」(6.9%)、「ソウル」(6.5%)の順となった。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)欧州本部は18日、欧州の若者を対象にした「韓流および国家ブランド調査」でこのような結果が現れたと明らかにした。

韓国と聞いて思い浮かぶイメージでは「戦争」(5.4%)、「サムスン」(5.1%)、「キムチ」(2.7%)、「2002年ワールドカップ」(2.4%)、「テコンドー」(2.0%)、「科学技術」(1.4%)、「自動車」(1.4%)が4~10位を占めた。

思い浮かぶ韓国歌手は「BIGBANG」(8.8%)、「BEAST」(5.8%)、「少女時代」(5.5%)、「東方神起」(3.3%)、「Rain(ピ)」(3.0%)の順だった。

食べ物では「キムチ」(21.1%)という回答が圧倒的で、「ビビンバ」(3.7%)、「焼き肉」(3.3%)、「プルコギ」(2.9%)が続いた。

認知度が最も高い韓国商品では「携帯電話」(69.7%)が1位を占めた。次に「自動車」(66.8%)、「食べ物」(65.0%)、「家電」(58.3%)、「映画・ドラマ」(46.8%)、「衣類デザイン」(45.5%)、「音楽」(39.4%)の順だった。

人気は「食べ物」(35.6%)が最も高かった。次に「携帯電話」(35.0%)、「映画・ドラマ」(23.4%)、「自動車」(21.0%)、「音楽」(19.1%)、「家電」(18.6%)、「衣類デザイン」(16.7%)が後に続いた。

日本は「寿司」(15.1%)、「福島」(5.5%)の順で、中国は「人口」(7.6%)、「共産主義」(6.5%)の順で回答が多かった。しかし無回答率が日本と中国はそれぞれ5.3%と5.0%と低かったが、韓国は22.2%と高く、相対的にあまり知られていなかったと分析された。

今回の調査はロンドン、フランクフルト、パリ、ブダペスト、ミラノの欧州主要5都市で18~30歳の若者1208人を対象に実施された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP