주요 기사 바로가기

日本観光庁長官が韓国の国歌を歌った理由は?

ⓒ 中央日報日本語版2012.01.17 16:38
0
日本の溝畑宏観光庁長官が韓国人の日本訪問を呼びかけながら、不慣れな韓国語で愛国歌(韓国の国歌)を歌い、話題になっている。

溝畑長官は17日午前、ソウル太平路(テピョンロ)韓国プレスセンターで記者会見を行い、「日本は韓国人が安心して安全に旅行を楽しめるように万全の準備をしている」と強調した。

昨年1-11月の日本人の韓国訪問は前年同期比6.7%増の299万人にのぼった。 一方、韓国人の日本訪問は151万人で32.2%も減った。 日本を訪問した全体外国人も30%近く減少したと推定される。

溝畑長官は「昨年3月の大地震と福島原発事故のため日本のイメージが悪化し、こうした現象が発生した」とし、「実際は日本旅行は安全」と繰り返し強調した。

記者会見前まで「爆弾酒(混ぜ酒)を飲み、韓国の愛国歌を最後まで歌いたいが、次に機会になるだろう」と話していた溝畑長官は、観光客を誘致したいという切実な気持ちからか、席を立った後、不慣れな韓国語で愛国歌を歌って記者会見を締めくくった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP