주요 기사 바로가기

「世界1%の科学頭脳、韓国に500人誘致する」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.16 15:58
0
「ハードウェアではなく頭脳戦争をしなければならない時だ。 科学頭脳の確保に最善を尽くす」。

金昌経(キム・チャンギョン)教育科学技術部(教科部)第2次官(53)は科学人材の重要性をこう強調した。 教科部の科学業務を総括する金次官は「ブレーンウェア(Brainware)」に科学界が転換されるべきだと述べた。 その間、韓国はハードウェア研究に集中してきたというのが金次官の分析だ。 ブレーンウェアはハードウェアやソフトウェアのように「ブレーン」に「ウェア」を付けて作った言葉で、頭脳が核心になることを意味する。

金次官は昨年、国家科学技術委員会(国科委)と原子力安全委員会の閣僚級委員会2つを常設化し、国際科学ビジネスベルト(以下、科学ベルト)設立基盤を固めた。 金次官はソウル大金属工学科(学士)を卒業し、米MITで博士学位を取得した。 漢陽(ハニャン)大新素材工学部教授として在職していたが、現政権に抜てきされ、2010年8月から現職責に就いている。

--頭脳の確保をどのように進めるのか。

「1960、70年代に海外科学者を誘致したように、大々的に海外科学者を迎え入れる考えだ。 その一環として世界上位1%以内に入る優秀人材をはじめ、海外人材500人を誘致する内容の『ブレーンリターン500』プロジェクトを始める。 その核心には科学ベルトの基礎科学研究院がある」

--頭脳の確保がなぜ重要なのか。

「韓国には世界最高レベルの装備はほとんどある。 こうした装備を活用して世界初のもう一つの装置を開発しなければならないが、それができていない。 こういうことは優秀な頭脳ができ、そうしてこそノーベル科学賞も受賞できる。 海外の優秀頭脳が多数入ってくれば、国内基礎科学研究の風土も大きく変わると期待している」
「世界1%の科学頭脳、韓国に500人誘致する」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「世界1%の科学頭脳、韓国に500人誘致する」(1)

    2012.01.16 15:58
    뉴스 메뉴 보기
    金昌経(キム・チャンギョン)教育科学技術部(教科部)第2次官(53)。
    TOP