주요 기사 바로가기

北、金正恩の生母・高英姫を偶像化(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.13 15:11
0
北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長の生母、高英姫(コ・ヨンヒ)を偶像化する作業に取り組んでいる。

その間、高英姫への言及を極度に避けてきた北朝鮮は、金正恩の誕生日として知られる8日、記録映画で高英姫に初めて公式的に触れた。 続いて最近、労働新聞では突然、ある在日同胞女性の人生史が掲載された。 在日同胞女性が北朝鮮に移住してきた過程と金正日(キム・ジョンイル)体制下で恩徳を受けて暮らしてきたという内容が中心だ。

「50余年の歳月の中で見た朝鮮」と題して伝えられたこの女性の話は、労働新聞11日付に第1編が掲載された。 「慣れない異国だった朝鮮を今日、私の祖国だとためらいなく呼ぶようになったのは何のためか」と始まる文章は、北朝鮮の男性と結婚するまでにいたる過程を伝えている。

続いて13日に掲載された第2編では、本格的な人生史が展開された。 「父親の首領様が築いて、偉大な将軍様がしっかりと守っていく社会主義制度、人民が主人の世の中が、どれほどよいものかを胸いっぱいに感じた」「(日本を訪問した時)大学の同窓は、朝鮮で産んだ2人の息子と2人の娘の全員を国が責任を持って無料で大学の勉強までさせてくれたという私の話を聞いて、とても感嘆していた」など、北朝鮮体制を称賛する内容が含まれている。

また「深く信頼してきた偉大な将軍様が逝去されたという思いがけない悲報に、在朝日本人女性たちは痛哭した」とし「今日の私たちにはもう一人の運命の太陽がいらっしゃる。 偉大な将軍様そのままの敬愛なる金正恩同志」という内容で終わる。
北、金正恩の生母・高英姫を偶像化(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北、金正恩の生母・高英姫を偶像化(1)

    2012.01.13 15:11
    뉴스 메뉴 보기
    写真=労働新聞
    TOP