주요 기사 바로가기

<野球>サムスン復帰の李承ヨプ「私は挑戦者」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.10 16:13
0
李承ヨプ(イ・スンヨプ、36)が「サムスン」のロゴが入った練習服を触った。 浮かんだ笑みが安らかだ。

李承ヨプが9日、慶山(キョンサン)ボールパークで行われた2012年のサムスン始務式に出席した。 同僚と冗談も交わし、新年初のチーム練習も一緒に行った。 李承ヨプは「8年ぶりにライオンズのユニホームを着て公式練習をする。 それ自体で興奮する。 早く野球をしたい」と語った。

◇「プロで2位は存在価値がない」=李承ヨプは韓国舞台復帰を「負担」より「挑戦」という言葉で定義した。 日本プロ野球でプレーした8年間が李承ヨプを「国民打者」から「挑戦者」に変えたのだ。 李承ヨプは周囲の期待感について「負担よりも挑戦に対するときめきが上回っている。 韓国プロ野球で私は挑戦する立場。 自分一人の力でチームが変わるとは考えていない。 私はもうそれ程の選手ではない。 本塁打王も昨年の本塁打王の崔炯宇(チェ・ヒョンウ、29、サムスン)や金泰均(キム・テギュン、30、ハンファ)がなる可能性が高い」と自らを低めた。

しかし李承ヨプは「1位」「国民打者」という言葉を胸に刻んでいる。 このため李承ヨプは「適応」と「努力」を強調する。 李承ヨプは「プロで2位は存在価値がない。 私には1位にならなければいけないという義務と責任感がある。 後輩たちに負けないように頑張る」と述べた。 また「8年間にわたり違う舞台でプレーする間、韓国野球は大きく変わった。 適応する時間が必要だ。 崔炯宇と頻繁に会って韓国投手に対する助言を求めた。 研究をして失敗を減らしたい」と語った。

◇「最高になるには最高を越えなければ」=李承ヨプは自分とチームがともに1位になることを目指している。 このため、柳賢振(リュ・ヒョンジン、25、ハンファ)や金広鉉(キム・グァンヒョン、24、SK)ら韓国の最高投手に打ち勝たなければならない。 李承ヨプが優位なら、サムスンの優勝の可能性も高まる。

李承ヨプは「柳賢振と金広鉉は日本の投手よりも球威がいい。 代表チームで投げるのを見て感心した。 まだ対戦したことがないので心配が多い。 しかし今は戦って勝たなければいけない立場」と語った。 やさしくない挑戦だが、努力と根性で乗り越える覚悟だ。

李承ヨプは「韓国投手は制球力と配給が変わった。 以前はボールカウント1-3や0-2からはほとんどストレートだった。 今は変化球を投げる。 それだけさまざまな球種をうまく投げるという意味」と分析した。 また「私は天才ではない。 勉強する姿勢でシーズンを準備する。 サムスンは昨年優勝したのに、今年優勝できなければ私の責任になるのでは」と覚悟を見せた。

コーチングスタッフの全幅の信頼が力になる。 柳仲逸(リュ・ジュンイル)サムスン監督(49)は「8年間、日本投手と対戦した経験が役立つだろう。 国内舞台にうまく適応するはずだ。 3番打者で起用する」と公言した。 李承ヨプは「自分の生涯で最も良かった時期は3番打者だった。 『3番を打つ資格があるのか』という心配もあるが、気持ちよく受け入れたい。 私とチームが進む方向は同じ」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>サムスン復帰の李承ヨプ「私は挑戦者」

    2012.01.10 16:13
    뉴스 메뉴 보기
    李承ヨプ(イ・スンヨプ、36)。
    TOP