주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国、日本のおかげでU-20女子W杯出場が有力

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.10 10:58
0
韓国が日本のおかげで2012国際サッカー連盟(FIFA)U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)に出場できる可能性が高まっている。

日本サッカーに詳しい関係者は10日、「日本がウズベキスタンの代わりに今年8月に開催されるU-20女子W杯を招致するとみられる。韓国が開催国・日本の出場権を譲り受ける可能性が高い」と伝えた。

FIFAは先月、執行委員会を開き、2012年U-20女子W杯を招致したウズベキスタンの施設および運営能力が落ちるという判断から開催地の変更を発表し、日本は大会を代わりに招致すると宣言した。

日本の大会開催は確定的だ。日本は政治的に関係が良くない参加国の北朝鮮のためにまだFIFAが願う政府保証文書を提出していないが、昨年のFIFA女子W杯制覇で女子サッカーブームが形成されている中、日本サッカー協会の小倉純二会長が無条件の支持を約束したためだ。

もし日本開催が確定すれば、昨年10月のアジアサッカー連盟(AFC) U-19女子チャンピオンシップで4位に終わってU-20女子W杯本大会進出権を逃した韓国が、開催国資格で自動出場する日本がAFCのU-19女子チャンピオンシップ優勝で獲得したチケットを、代わりに譲り受ける可能性がある。

この関係者は「中国が03年、新型肺炎危険のために女性W杯開催権を返却した後、米国で開催された大会の出場権を得たように、ウズベキスタンが日本からチケットを譲り受ける可能性もある」としながらも「しかしAFCのU-19女子チャンピオンシップ第1ラウンドで脱落するなど実力が劣るウズベキスタンの代わりに、同大会で4位になり、2010年U-20女子W杯で3位に輝いた韓国の出場の可能性が高いとみられる」と伝えた。

キム・ジュソン大韓サッカー協会国際局長は「FIFAとAFCからの結果通知を待っている」と言葉を控えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP