주요 기사 바로가기

韓国がイラン産原油輸入禁止例外要求…米国「理解する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.06 08:19
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)死後の韓半島問題を協議するため外交通商部を訪問したキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が5日、「北朝鮮の新しい指導部に(挑発などを)自制することが重要だという点をはっきりと知らせるよう中国政府に促した」と明らかにした。

訪韓に先立ち、4日に北京で張志軍中国外務次官に会ったキャンベル次官補はこの日、外交部で金在信(キム・ジェシン)次官補、林聖男(イム・ソンナム)韓半島平和交渉本部長らと面談した後、米中協議の内容を記者に説明した。

キャンベル次官補は「(中国側に)北朝鮮が対南関係改善措置を取り、(核実験禁止など)国際義務を遵守しなければならないという点も強調した」とし「金正日死後の北朝鮮の進行状況に対する米中間の緊密な協議も促した」と述べた。北朝鮮が「韓国と対話しない」と宣言したことについては、「北朝鮮が国際社会との関係を改善させるうえで韓国との対話は必須」と強調した。

またキャンベル次官補は「韓米両国は韓半島での平和・安定と北東アジアの安保、非核化、北朝鮮住民の福祉について緊密に協議している」とし「より深い協力と協議のためにクリントン国務長官が金星煥(キム・ソンファン)外交長官をワシントンに招待した」と説明した。

キャンベル次官補は、イラン産原油禁輸を意味する米国防授権法の適用対象の例外として認めてほしいという韓国政府の要求に対し、「米国の新しい法案が韓国内で憂慮を招いていることを理解している」とし「この問題に関して韓国政府と緊密に協議する」と述べた。

この日の略式記者会見でキャンベル次官補はあらかじめ準備した文書を先に読んだ。北京の米中協議直後には明らかにしなかった内容も紹介した。核心は韓米同盟だった。

韓国政府の関係者は「金正日死去後、韓半島の流動性が高まった状況で、韓米間の緊密な疎通を強調した」とし「9-11日に行われる韓中首脳会談を意識した面もあるとみられる」と述べた。最近の北朝鮮内部の状況に関し、キャンベル次官補は韓国側に「中国もよく知らないようだ」と伝えたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国がイラン産原油輸入禁止例外要求…米国「理解する」

    2012.01.06 08:19
    뉴스 메뉴 보기
    キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が5日、ソウル外交通商部庁舎を訪問し、金星煥(キム・ソンファン)外交部長官と握手した後、席に向かっている。キャンベル次官補は「北朝鮮が国際社会との関係を改善するには韓国との対話は必須」と述べた。
    TOP