주요 기사 바로가기

歌手キム・ジャンフン、今度は東京中心街に慰安婦ポスター

ⓒ 中央日報日本語版2012.01.05 16:50
0
先月、ウォールストリートジャーナルのアジア版に日本軍慰安婦関連の全面広告を掲載した歌手キム・ジャンフンと徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大客員教授が、今度は日本・東京の中心街に慰安婦ポスターを貼り、話題になっている。

「DO YOU HEAR?(聞こえますか?」」というタイトルの今回のポスターは、3日から4日まで、日本国内の留学生の支援を受け、東京都内の流動人口が多い新宿・渋谷・原宿などに約1500枚が貼られた。

韓国のメディアによると、今回のポスターを企画した徐教授は「世界的な有力紙の広告では、国際社会でイシュー化し、世界の世論を喚起した。今回の日本国内のポスターは、日本軍慰安婦の存在さえ知らない若年層にアピールするために制作した」と説明した。

ポスター制作費を後援したキム・ジャンフンは「水曜集会(在韓日本大使館前での元慰安婦被害者の集会)が1000回を超えたが、日本政府は慰安婦問題をずっと避けてきた。 慰安婦問題は韓日歴史認識の次元を越えて、女性人権回復の重要な懸案であることを、日本政府に分かってほしい」と伝えた。

徐教授は「独島(ドクト、日本名・竹島)および慰安婦関連の広告を掲載する度に、日本の右翼団体から脅迫性の連絡を受ける。 しかしこれに屈することなく、さらに正々堂々と日本政府の過ちを指摘し、世界の世論を引き出そうと努力していく」と語った。

一方、来週は大阪および京都を中心とする関西地方に同じポスター1500枚を貼る予定という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手キム・ジャンフン、今度は東京中心街に慰安婦ポスター

    2012.01.05 16:50
    뉴스 메뉴 보기
    東京の中心街に張られている慰安婦ポスター
    TOP