주요 기사 바로가기

【コラム】韓米中がやってはならないこと(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.04 15:06
0
◇中国、韓米との対話をあきらめてはならない

2つ目、中国は今回の事態の展開と関連し、韓国および米国と対話をあきらめてはならない。 今まで中国は典型的な閉鎖的態度で、金正恩に今後どう対応するかについて立場をほとんど明らかにせず、権力継承に対する無条件の支援意思だけを明らかにした。 韓国側の6カ国協議首席代表である林聖男(イム・ソンナム)外交通商部韓半島平和交渉本部長は金正日の死去直後、中国側にまず接近したが、北京はこれをソウルとの対話を強化し信頼を築くのに活用しようとしていない。 これは不幸なことだ。 中国が北朝鮮でいかなる利益を追求しようと、ソウルとワシントンの協調なしにはこれを手に入れることはできない。 北京は現在の権力交代をずっと支援する過程で、自国が韓半島の持続的な分断を擁護したかのように映ってはならない。 多くの人が金正日死後の北朝鮮に集団指導体制が生じると予想している。 しかし北朝鮮政権の歴史には全体主義と個人崇拝があっただけで、こうした前例はない。 集団指導体制が失敗する場合、北京の長期間にわたったこの地域での地位を大きく傷つけることになるはずで、中国は分断した南北を支援した最後の強大国として残ることになるだろう。

◇韓国、一方的な行動は控えるべき

最後に、韓国は一方的な行動への誘惑を振り切らなければならない。 韓国人がこれを受け入れがたいと思うのは理解できる。 北朝鮮の政治的不安定は中国と米国にとっては対外政策の一つの問題にすぎないが、韓国人にとっては生死の問題だ。 まさにこうした急変事態と関連し、私が経験してきたシナリオゲームでは、韓国の一方的な行動が葛藤の火種になり、これが米国-中国間の作用-反作用の悪循環につながった。 こういうことはいかなる費用を払ってでも防がなければならない。 中国が北朝鮮で発生した状況のスキを突いて、ソウルをワシントンから遠ざける契機として北朝鮮を活用することに、ソウルは留意しなければならない。

韓国は今、北朝鮮と中国に関する情報を渇望している脆弱な状況だ。 情報は北朝鮮と中国が握っている。 北京はこうした脆弱さを利用し、ワシントンを排除してソウルと取引をする可能性がある。 これは重大な失敗になるだろう。 韓米同盟に打撃を与えるためではなく、韓国と中国は利害関係が異なるからだ。 すなわち、韓国は統一を願うが、中国は統一された国を見たくはないのだ。 この点を忘れてはいけない。 北京のすべての政策を注意深く見ると、南北分断の維持を追求している事実が分かる。 他の人たちは政府がやるべきことについて多くの忠告をするだろう。 私の忠告は政府がしてはならないことについての提言だ。

ビクター・チャ米ジョージタウン大教授
【コラム】韓米中がやってはならないこと(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP