주요 기사 바로가기

酷寒でもエンジンかかる現代車、ロシア消費者の心を溶かす

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.29 11:03
0
今年2月、ロシア・モスクワで開かれた現代(ヒョンデ)自動車「ソラリス」(「アクセント」の改造モデル)の新車発表会。当時の梁承錫(ヤン・スンソク)社長は「ソラリスはロシアの長くて寒い冬と劣悪な道路環境を考慮し、多くの設備と装置を現地化したロシア人のための自動車」とし「事前市場調査によると、今年1年間で10万台以上を販売できそうだ」と述べた。

梁社長の‘予言’は的中した。「ソラリス」は今年11月までに約9万4000台が売れた。1万5000台売れた9月には、現代車が19カ月ぶりにロシア輸入車販売1位を奪還した。現代・起亜(キア)車が07年に「現地戦略モデル」を出し始めてから5年目の今年、ロシア・中国・欧州・インド市場などで過去最高の販売実績を出した。

専門家らはこうしたグローバル成功の原因に徹底した現地化戦略を挙げる。開発段階から各地域の消費者の好みを正確に分析し、これを積極的に反映したのが功を奏したということだ。

「ソラリス」の場合、ロシアの寒い天気を克服するための仕様が数多く適用されている。酷寒でもエンジンがかかるバッテリーが採択され、雪が多い点を考慮して4リットルのウォッシャー液タンクを入れた。凍りついた雪を熱線で解かす「ウインドシールドワイパー結氷防止装置」も装着された。これは中型車以上に入るオプションだが、ロシアの気候を考慮して小型車の「ソラリス」にも適用した。急発進や急ブレーキが多いロシアの運転文化を考慮し、「急ブレーキ警報システム(ESS)」を付けた。ヘッドランプをつけておく運転手が多い点も考慮し、他の地域に比べて寿命が長いランプを入れた。

中国販売戦略車種は、中国人の好みに合わせて、大きくて洗練されたデザインにした。現代車の「悦動」(中国型「アバンテ」)は韓国で販売されている「アバンテ」とは感じが違う。スリムな流線型デザインの韓国バージョンと違い、ヘッドランプとリアランプが大きくて丸い。「悦動」は08年に中国市場に登場した後、中国最高の人気モデルとなった。

起亜車が今年7月に出した「K2」は躍動的なデザインのほか、エンジン始動ボタン、スマートキー、スーパービジョンクラスター、革材質の室内インテリアなど高級仕様を適用した。「K2」は今年1-11月に4万6000台ほど売れ、年末目標の5万台を無難に超える見込みだ。

欧州では「実用性」で勝負した。実用性を重視する欧州の消費者はセダンよりもハッチバックスタイルを好む。内部空間を広く活用でき、多くの荷物や人を乗せられるからだ。起亜車は5ドアハッチバックモデル「シード」で欧州を攻略した。欧州でデザイン・生産・販売がすべて行われる「シード」には、ダイナミックな運転を楽しむ欧州人合わせてハードなサスペンションが適用された。「シード」は07年に欧州市場で発売されて以来、これまで43万台が売れ、起亜車の欧州代表モデルに定着した。

現代車はインドで低価格の軽自動車市場が拡大している点に注目し、9月に800cc級の軽自動車「イオン」を出した。「イオン」は部品の現地調達を高めると同時に、不必要な便宜仕様を減らし、コストを削減した。先月7400台が売れ、現代車が先立って販売した「i10」に次ぐ販売台数となった。最近はインド放送局から「今年の軽自動車」に選ばれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    酷寒でもエンジンかかる現代車、ロシア消費者の心を溶かす

    2011.12.29 11:03
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアで9万4000台余り売れ、輸入車1位になった現代車「ソラリス」。
    TOP