주요 기사 바로가기

【コラム】年齢が気になる韓国人(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.28 17:54
0
時々、外国人にインタビューする。 対話の最後には必ず聞きづらい質問をしなければならない。「失礼ですが、お歳はいくつですか」。相手にしてみると、尋ねたことも、受けたこともない質問かもしれない。 西欧だけでなく、中国・日本などアジアの国でも年齢を尋ねることは多くない。 しかし私には義務事項だ。 外国とは違い、韓国国内のほとんどのメディアは「主要登場人物」の年齢を明らかにすることを原則としている。

韓国で年齢は核心情報だ。 その一つから多くのことが分かると考えられている。 経験、知識、性向、人格。 あたかも公認された「年齢別人生標準」でもあるかのように、あまりにも遅くまたは早く何かをした人物に非常な関心を見せる。

この数日間、メディアのヘッドラインを飾ったのもある青年の年齢だった。 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の息子であり後継者の金正恩(キム・ジョンウン)だ。 父の死去で北朝鮮の最高指導者に急浮上した彼は27歳。29歳という話もある。 年輪と経験が少なく、韓半島に大きな混乱を招くかもしれないという懸念があふれて当然だ。 しかし「低年齢=若造=未熟児」という通念に過度に染まったいくつかの論評はまた違う心配を呼ぶ。

金文洙(キム・ムンス)京畿道(キョンギド)知事は「20代の幼くて経験のない若者に世界がペコペコするのは21世紀のあきれるコメディー」と皮肉った。 ある新聞は「29歳の青年と(40歳年上の李明博大統領が)韓半島の未来を議論するのは…」という政府関係者の話を引用し、現政権で南北首脳会談が開かれるのは難しいと展望した。 間違った言葉ではないが、相手は大韓民国の最大脅威勢力の新しい首長だ。 既得権層の強力な保衛の中にいて、実力から性格まで知られている内容はほとんどない。 甘く見ていると大変なことになるかもしれない。
【コラム】年齢が気になる韓国人(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP