주요 기사 바로가기

金正日総書記の告別式を前に“船舶帰港令”“花戦争”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.28 10:01
0
北朝鮮当局が28日に予定された金正日(キム・ジョンイル)総書記の告別式を控え、海外に出て行った人たちに27日午前8時までに帰国するよう指示を出していたことがわかった。中国・丹東の消息筋は27日、このように明らかにし、「北朝鮮は丹東に出ていた船舶に対しても同じ時間までに南浦(ナムポ)港に入港するよう指示した」と話した。実際に26日夜9時に丹東の東港では北朝鮮籍の貨物船が急いで作業を終わらせ南浦に戻る場面が目撃された。先週北朝鮮当局の特別許可を受けこの港に入ってきたある船の船長と政治指導員は、「船積みをやめてでも行かなければならない。時間に合わせて行けなければ大変なことになる」として丹東の取引業者に電話をしたと会社関係者が伝えた。これに伴い、丹東には外貨稼ぎをする貿易商社などの一部従業員だけが残っている状態だ。金総書記死去の知らせに接し平壌(ピョンヤン)に入った従業員はまだ復帰していない。

金総書記死去後に北朝鮮に向かう中国の貨物車は1日120台程度まで落ちたが、26日には200台程度に増えた。これは平常時の80%程度と丹東住民たちは伝えた。告別式のために27日と28日に閉じられると予想された丹東~新義州(シンウィジュ)税関は正常に運営される予定という。

丹東のある消息筋は、「26日午後に平壌に向かう貨物車両3台に花がいっぱい載っていた。一度にあれだけ多くの花が入っていくのは初めて見た」と話した。貨物車1台の積載量は80立方メートルで、最も大きいコンテナの64立方メートルよりより大きい。車両1台に積載できる貨物重量は60トンだ。消息筋の説明によると、この花は中国雲南省昆明で購入したもので、上海を経て航空便で丹東に到着した。価格は1輪10元で、普段の5倍の価格という。

花類は白いバラとユリ、キクなどだ。関係者は「花が足りず昆明で黄色いキクも載せようとしたが、北朝鮮関係者が『黄色い花はだめだ』と言った」と話した。丹東では生花がすっかりなくなった。金があっても買うことができないほどだ。これに伴い、丹東の対岸の新義州(シンウィジュ)でも「花戦争」が広がったほどという。北朝鮮と貿易する丹東のある中国関係者は、「北朝鮮は新義州に入った後、午後4時以降に中国に帰れなくなった中国の貨物車に400元の罰金を賦課してきた。しかし今は規定を違反した中国車両に北朝鮮の取り締まり班が『あした白い生花を持ってくれば罰金を課さない』という」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP