주요 기사 바로가기

戦争・災難など残酷な記憶を電気刺激で消す…韓国研究チームが究明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.26 11:13
0
戦争や残酷な事件を経験した人は外傷後ストレス症候群に苦しんだりする。こうした疾患は恐怖に対する記憶が脳から消えずに発病する。韓国の研究陣がマウスを利用した研究で、脳に電気刺激を与えて恐怖に対する記憶を消すことができると明らかにした。

韓国科学技術研究院(KIST)の申喜ソプ(シン・ヒソプ)博士(写真)チームは、恐怖記憶の消滅に関する遺伝子「PLCベータ4」の機能を究明したと25日、明らかにした。研究結果は学術誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」25日付で発表された。

研究チームはマウスに異常な音とともに電気衝撃を反復的に加える実験をした。これを繰り返すと、後には電気衝撃を与えず音だけ聞かせても、マウスが恐怖に怯える現象が表れた。

研究チームは、マウスの脳の真ん中に位置し、感覚関連情報を処理する視床(thalamus)に電極を刺した。そして極めて弱い電気を短く反復的に加えると、恐怖記憶が消えるのを発見した。刺激が強いほど恐怖記憶の消滅は進んだ。

電気刺激は、視床が単発性信号に発生させ、その信号は他の脳細胞に恐怖に対する記憶を消せという命令として作用する。申博士は「今回の研究結果を適用すれば、新しい治療法の開発も可能かもしれない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    戦争・災難など残酷な記憶を電気刺激で消す…韓国研究チームが究明

    2011.12.26 11:13
    뉴스 메뉴 보기
    韓国科学技術研究院(KIST)の申喜ソプ(シン・ヒソプ)博士。
    TOP