주요 기사 바로가기

「金正恩に90度の礼」 金正日の4人目夫人・金オクの将来は…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.23 13:41
0
しかし金正日の死去で、金オクの位置づけは大きな危機を迎えることになった。最高指導者を至近距離で補佐しながらも、きちんと守れなかったと非難を浴びる可能性があるからだ。金正日の死去の責任を金オクに取らせることも考えられる状況だ。

対北朝鮮消息筋は「金日成の死去当時、担当看護師が『自分の不注意で不運なことが起きた』と言って自殺した」とし「金オクが金正日の死に対して自ら叱責する可能性もある」と述べた。21日に金正日の遺体の前で黒い喪服姿で嗚咽したのも一種の自責行為かもしれない。

ただ、金オクの家と金正日の家系との関係を考えれば健在するという見方もある。金オクの父キム・ヒョは労働党の会計を担当する財政経理部副部長出身と、韓国当局は把握している。08年には韓国の国会議員に該当する最高人民会議の代議員に選出された。

政府当局者は「キム・ヒョが最近、錦繻山(クムスサン)記念宮殿財政経理部長に席を移した」とし「金日成親子の遺体が安置されていて、北朝鮮の人たちが革命の聖地と見なすところで暮らす人の一家の処罰は考えにくい」と話した。

また金オクの妹は金正日のめい、張琴松(チャン・グムソン、張成沢党行政部長・金敬姫の娘)の欧州留学時代のルームメートだった。張琴松が06年にフランスで自殺した当時も、同じ空間で生活していたという。金正恩の後見役になるとみられる張成沢・金敬姫と親しい関係だ。金オクに対する問責よりは‘平凡な日常’に戻る可能性が大きいという観測が出ている理由だ。

このほか、08年に脳卒中で倒れた金正日が、生前に金オクに関する遺言を残した可能性もある。この場合‘金正日の女性’は金正日の口によって運命が決まるということだ。
「金正恩に90度の礼」 金正日の4人目夫人・金オクの将来は…(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩に90度の礼」 金正日の4人目夫人・金オクの将来は…(2)

    2011.12.23 13:41
    뉴스 메뉴 보기
    丸の中は、21日に錦繻山(クムスサン)記念宮殿で、金オクが金正日の遺体を参拝した後、金正恩に深く頭を下げる姿(写真=朝鮮中央テレビ)。
    TOP