주요 기사 바로가기

チャン・ドンゴン主演「マイウェイ」、初週ボックスオフィス首位ならず

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.22 14:27
0
韓国最高スターのチャン・ドンゴンが、ハリウッド俳優トム・クルーズに押しのけられた。

22日、韓国の映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、チャン・ドンゴン主演の「マイウェイ 12000キロの真実」は、公開初日の21日、13万6794人の観客を動員し、ボックスオフィス2位にとどまった。

1位は同作より1週間前に公開されたトム・クルーズ主演のハリウッドのブロックバスター映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」。19万6081人の観客を集めており、累積観客はすでに230万人を越えている。この2作品のスクリーン数は約700とほぼ同じ水準だ。

21日に公開されたもうひとつの期待作「パーフェクトゲーム」は5位に留まった。3万6629人が観覧した。3週間前に公開された「不気味な恋愛」(3万8040人)よりも成績が良くない。韓国トップ俳優のチョ・スンウとヤン・ドングンというツートップカードを繰り出したものの、まだはっきりした効果が見えない水準だ。

3位は海外映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の動員観客数8万985人。2009年「シャーロックホームズ」第1弾に続き、ウィットに富みつつもよく練り上げられたドラマで観客から選ばれている。

「マイウェイ」の公開成績には、残念な声も聞こえている。純制作費280億ウォン(約18億円)を投入した大型戦争映画としては、少し不安なスタートだったためだ。しかしこのような成績はプレミア試写会以来、一部から指摘があった。ビジュアルは「プライベート・ライアン」「スターリングラード」「硫黄島からの手紙」などに比べ恥ずかしくないレベルだが、ドラマはそれらと比べて貧弱だとの評価があった。したがって今週末の成績に更なる関心が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チャン・ドンゴン主演「マイウェイ」、初週ボックスオフィス首位ならず

    2011.12.22 14:27
    뉴스 메뉴 보기
    トム・クルーズ主演の 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の韓国版ポスター。
    TOP