주요 기사 바로가기

金正日、生前に4人の女性と同居…結婚は一度

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.20 15:17
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去し、「将軍様の女性」に関心が集まっている。 金総書記は生前に成恵琳(ソン・ヘリム)、金英淑(キム・ヨンスク)、高英姫(コ・ヨンヒ)、金玉(キム・オク)の4人の女性と同居し、正式結婚は1回した。

◇1人目は離婚女性の成恵琳(ソン・ヘリム)

最初の女性は60、70年代初めの北朝鮮映画界で最高の女優だった離婚女性、成恵琳だった。 金総書記より5歳年上の成恵琳は1937年に慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)で生まれ、韓国戦争(1950-53年)当時、左翼系列の知識人である親と一緒に北に渡った後、朝鮮プロレタリア芸術家同盟(KAPF)作家・李箕永(リ・キヨン)の長男・李平(リ・ピョン)と結婚し、娘を出産した。 60年代末に文芸部門を指導した金総書記の目に留まり、夫と離婚して「将軍様」と同居した。 1971年に長男・正男(ジョンナム)を出産したが、金総書記が複数の女性と同居しながら神経衰弱と憂鬱症に苦しみ、02年5月にモスクワで死去した。

◇公式夫人の金英淑(キム・ヨンスク)

2人目の女性・金英淑(1947年生まれ)は4人の女性のうち唯一、金日成(キム・イルソン)主席の許諾を受けて結婚式を挙げた公式夫人。 咸境北道(ハムギョンブクド)人民保安局のタイピストを経て、労働党幹部部で文書員として働いているところ、幹部部事務所を出入りしていた金総書記に気に入られて結婚したという。 金英淑は真面目で従順な田舎の女性であり、夫の浮気を宿命として受け入れた封建時代の典型的な内助者だった。 雪松(ソルソン)、チュンソンら娘ばかり出産し、公式夫人としての地位を失った。

◇最も愛された高英姫(コ・ヨンヒ)

金正日総書記が最も愛した女性は在日同胞だった高英姫。 金総書記の後継者、金正恩(キム・ジョンウン)の生母だ。 1960年代の在日同胞北送当時、親と一緒に北朝鮮に渡った後、萬寿台(マンスデ)芸術団舞踊家として活動していた1970年代半ば、金総書記と同居を始め、04年に乳がんで死去するまで‘金正日の女性’の地位を守った。 1998年ごろ乳がんの診断を受け、片方の乳房を切除しなければならない状況になったが、乳房切除で金総書記の女性の地位が危うくなると判断、医療陣の引き止めにもかかわらず、切除の代わりに抗がん治療を選択した。 これが結局、5年後に再発し、パリの病院で治療を受けている途中に死去した。

◇最期を看取った金玉(キム・オク)

4人目の同居女性は金玉で、金総書記が目を閉じる最後の瞬間まで付き添った最後の女性でもある。 平壌音楽舞踊大学(現・金元均名称平壌音楽大学)でピアノを専攻し、1980年代初めから高英姫が死去するまで、金総書記の書記室課長という肩書で特別補佐をした。 金玉は金総書記の女性のうち唯一、外交活動に同席した。 金総書記の6回の中国訪問と3回のロシア訪問に同行し、05年と09年に金総書記が玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代(ヒョンデ)グループ会長に会った時も同席した。 金玉は権力機関の主要人物を金総書記に建議するなど、国政全般に深く関与してきたといわれる。 金玉は、金総書記が突然倒れた当時、病状の夫を回復させるために看病する平凡な女性の姿を見せたと伝えられている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正日、生前に4人の女性と同居…結婚は一度

    2011.12.20 15:17
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が最初に同居した成恵琳(ソン・へリム)、金正恩(キム・ジョンウン)の生母・高英姫(コ・ヨンヒ)、4人目の同居女性の金玉(キム・オク)。
    TOP