주요 기사 바로가기

<金総書記死去>核の管理は?「核兵器はすでに実戦配備」情報も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.20 10:59
0
金正日(キム・ジョンイル)総書記死去後、北朝鮮の核はどうなるのか。世界で焦眉の関心事に浮かび上がった問題だ。北朝鮮が混乱に陥り体制制御能力を失った場合に核管理が難しくなるためだ。われわれはもちろん世界が懸念する災難のシナリオだ。

ひとまず韓米当局は北朝鮮が核実験までは成功したとしてもミサイルに搭載するほどの小型化にはまだ至っていないと評価している。実戦配備でなく開発段階という話だ。そのため現在のところは核開発を主導している党の機械工業部が核を掌握しているとみられる。金正日の絶対的な信任を受けていたチュ・ギュチャン機械工業部長がキーを握っているわけだ。韓国の防衛事業庁に相当する第2経済委員会も核開発に関与している。第2経済委員会はベールに包まれていたが、2009年に公開されたぺク・セボン委員長が掌握している。実務的には党軍需工場部と第2経済委員会が受け持っている。

北朝鮮は核を対米外交の交渉手段として使ってきただけに、これまで国防委員会次元で金正日委員長が直接関わった可能性が大きい。韓国政府当局者は、「北朝鮮は核を命綱のように考え格別に管理してきたとみられる。実務者1人に任せるより金正日自身が直接管理しただろう」と話した。このため将来北朝鮮の権力継承過程でも核統制権は重大懸案になる見通しだ。

しかし最近北朝鮮が核を小型化して実戦配備したという情報が入り韓国の情報当局が確認に乗り出したことがわかった。スカッドミサイルのような小型ミサイルへの搭載は難しくても、北朝鮮が最近公開した中距離弾道ミサイルには搭載できるという説も出ている。ある高位脱北者は、「北朝鮮が昨年10月の党創建記念式で公開したミサイルを北朝鮮では核ミサイルと呼ぶ。江原道(カンウォンド)の一部部隊にすでに実戦配備した」と証言した。

この話の通りに核の実戦配備がされたとすれば統制権は軍へ渡ることになる。この場合はイ・ヨンホ軍総参謀長の影響が大きく作用する可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP