주요 기사 바로가기

韓国の大学教授が選ぶ今年の故事成語は「掩耳盗鐘」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.19 10:38
0
掩耳盗鐘(聞きたくなくて耳をふさぐが、そうしたところで意味はない)

2011年を表す四字熟語として「掩耳盗鐘」が選ばれた。自分がした誤りは考えず、他人の批判は聞きたくなくて耳をふさぐが意味がないという意味だ。

週刊誌の教授新聞は18日、今月7~16日に全国の大学教授304人を対象にアンケート調査した結果、36.8%が「掩耳盗鐘」を挙げたと明らかにした。この言葉は中国の秦の時代に丞相の呂不韋が作った歴史書「呂氏春秋」に由来する。春秋時代に范武子の子孫が治めた国が滅びる危機に処するとある町民が鐘を盗もうとした。

町民は鐘があまりに大きく、割るために金槌で壊したが、鐘の音が大きく鳴ったため他の人がくるかと思い自身の耳をふさいだという逸話だ。政府のコミュニケーション不足と独断的な政策強行を批判したものと教授新聞は分析した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP