주요 기사 바로가기

韓国人4人に1人が週1回以上「暴飲」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.14 16:35
0
韓国人4人に1人は1週間に1回以上は過剰な飲酒をしていることが調査で分かった。

食品医薬品安全庁は全国16市・道に居住する満15歳以上の男女1000人を対象に、酒類摂取量および実態を調査した結果、回答者の26.5%が1週間に1回以上は「高リスク飲酒」をしていることが分かったと14日、明らかにした。

1週間に2回以上「高リスク飲酒」をするという回答は17.3%だった。 男性が26.7%、女性は7.7%。

世界保健機関(WHO)が規定した「高リスク飲酒」とは、一回の酒の席で男性は60グラム(焼酎8杯)、女性は40グラム(焼酎5杯)以上のアルコールを摂取する場合をいう。

「高リスク飲酒」をする場合の酒類は「焼酎」が66.3%で最も多く、「ビール」(20.8%)、「ワイン」(2.9%)、「マッコリ(濁酒)」(2.6%)の順だった。

この1年間に「一杯でも酒を飲んだことがある」という人は92.9%、「全く飲んでいない」という人は7.1%だった。

この1年間に「爆弾酒」(混ぜ酒)を飲んだことがある人は31.4%だった。 このうち94.6%(297人)が焼酎とビールを混ぜたいわゆる「焼爆」を、22.6%(71人)はウイスキーとビールを混ぜた「洋爆」を飲んだことが分かった。 一度の酒の席で平均的に飲む爆弾酒量は「焼爆」が4.1杯、「洋爆」は4.6杯だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP