주요 기사 바로가기

少女時代のユナ「1人2役はとても難しい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.14 10:21
0
2年ぶりに演技に再チャレンジする少女時代のユナが1人2役の難しさを打ち明けた。

ユナは大邱市(テグシ)の子ども会館で開かれたKBS(韓国放送公社)第2テレビ「ラブレイン」撮影現場公開で、「2012年のキム・ハナとは違い、70年代のキム・ユンヒは演技しにくい」と告白した。

ユナは同作で1970年代の家政大学生キム・ユンヒと、ユンヒの娘のキム・ハナの役を同時に務め、生涯初の1人2役に挑戦する。演技は2009年6月に放映終了したMBC(文化放送)「シンデレラマン」以後約2年ぶりだ。

ユナは「台本を受け取り、私の役はキム・ユンヒなのか、キム・ハナなのかとまた尋ねるほど理解ができない部分が多かった。ハナが私の実際の性格と似ていて、背景が現代なので自信があるが、70年代に対する経験が全くないからなのかユンヒの演技はとても難しく心配が多かった」と明らかにした。

続けて、「だが、ユン・ソクホ監督がそばでたくさん助言してくれ、教えてくれた。現場で理解しながら演技している。2年間演技を休みながらこの作品が必ずやりたかった。努力して良い作品作りたい」と明らかにした。

チャン・グンソクとユナが主役を演じる「ラブレイン」は、韓流ドラマブームを先導した「冬のソナタ」「秋の童話」のユン・ソクホ監督と脚本家のオ・スヨンのコラボで注目される作品だ。チャン・グンソクとユナはこのドラマでそれぞれ1人2役を務め、1970年代と2000年代を背景に透明で真の愛を表現する予定だ。2012年上半期放映。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP