주요 기사 바로가기

慰安婦集会、きょうで1000回目…「平和の碑」除幕も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.14 08:53
0
日本軍慰安婦被害者のキム・ヨジさんが13日にソウル市内の療養病院で老衰により死亡した。87歳だった。キムさんは17歳の時に中国に慰安婦として連れて行かれた。1946年に帰国した後は故郷の全州(チョンジュ)で家族と一緒に暮らし、2009年から日本軍慰安婦被害者施設で余生を送った。4日には日本軍慰安婦被害者で最高齢94歳のパク・ソウンさんが中国で死去した。

これで現在韓国政府に登録された234人の慰安婦のうち生存者は63人に減った。今年だけで16人の慰安婦が死去した。生存している慰安婦の平均年齢は86歳だ。

日本軍慰安婦が1人2人と世を去る中で、日本政府の公式謝罪と被害補償を要求する「水曜集会」が14日で1000回を迎える。毎週水曜日にソウルの日本大使館前で開かれる水曜集会は19年11カ月で1000回を記録することになった。

水曜集会は91年8月14日にキム・ハクスンさん(97年死去)の記者会見が契機になった。キムさんは慰安婦だったことを公式に証言した初めての被害者だ。以後女性・人権団体を中心にした韓国挺身隊問題対策協議会が92年1月8日に当時の宮沢喜一日本首相の訪韓を控え初めての水曜集会を開催した。水曜集会は95年1月の阪神大震災と今年3月の東日本大震災の時に追慕集会に代えたのを除き休まず続いた。2002年3月13日の500回目の集会で「単一テーマの最長期集会」としてギネスブックに記録された。カン・イルチュルさん(84)は、「日本政府は謝罪どころか独島(トクト、日本名・竹島)問題で歴史をわい曲している。死ぬ前に日本の謝罪を聞かなければならない」と話した。

1000回目の水曜集会では日本大使館の前に少女の姿をかたどった「平和の碑」が除幕される予定だ。北朝鮮の日本軍慰安婦関連団体の「朝鮮日本軍慰安婦および強制連行被害者問題対策委員会民族和解協議会」も13日に挺身隊対策協議会に書信を送った。書信で「日本軍慰安婦問題解決のため1000回水曜集会に参加している協議会と慰安婦被害者をはじめとするすべての関係者に強固な連帯性を送る」と明らかにした。

いまや水曜集会は世界人権運動の象徴となった。14日に東京、ニューヨーク、台北など世界各地で日本軍慰安婦被害者を記念する行事が開かれる。日本軍慰安婦被害者イ・オクソンさん(85)とイ・ヨンソンさん(83)はこの日、ニューヨークでホロコースト被害者家族と会い1000回集会を賛える計画だ。これに先立ちイ・ヨンスさんは2007年に米下院で日本軍慰安婦の被害惨状を証言した。慰安婦施設「ナムヌの家」のアン・シングォン所長は、「世界各地で開かれる平和の場になるだろう」と話した。

挺身隊対策協議会のユン・ミヒャン代表は、「総選挙がある来年に政治家らに協調を求め韓国政府の活動を強化するようにする。国際連帯も持続して慰安婦問題を解決したい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP