주요 기사 바로가기

サムスン電子、携帯電話年間3億台…ノキアに次いで世界2番目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.12 14:53
0
サムスン電子が携帯電話事業に参入してから24年ぶりに出荷量基準で「年間3億台時代」を開いた。

サムスン電子は11月末を基準に、今年の携帯電話出荷台数が3億台を超えたと11日、明らかにした。 こうした記録は韓国企業では初めてで、世界ではノキアに次いで2番目。

サムスン電子は1996年に携帯電話出荷100万台を超えた後、05年に1億台、09年に2億台を超えた。 携帯電話を初めて生産した88年以降、これまでの累積販売台数は16億台にのぼる。 1年に3億台を生産・出荷するには、一日82万台、1秒に9台以上を生産しなければならない。 携帯電話3億台を積み重ねると、高さはエベレスト山の300倍を超える。

サムスン電子がこうした記録したのは、フィーチャーフォン(一般フォン)、スマートフォンを含めてさまざまな製品ラインアップをそろえたうえ、ヒット商品を続けて出せたからだ。 特に「ギャラクシーS」「ギャラクシーS2」がそれぞれ1000万台以上売れるなど、フィーチャーフォン生産企業からスマートフォン生産企業への転換に成功したためと自社は分析している。

サムスン電子は第4世代(4G)のLTE(ロング・ターム・エボリューション)市場でも、世界で33%、韓国で67%のシェアを確保し、圧倒的1位を占めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP