주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】安重根のすずりと2人の日本人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.11 11:57
0
このほど「安重根(アン・ジュングン)のすずり」を見るために地方出張に行ってきた。東京駅から新幹線に2時間乗り、さらにタクシーで10分ほどのところにある宮城県栗原市の大林寺だ。田舎の寺を守るのは76歳の齎藤泰彦住職と80歳を越えた彼の姉の2人だけだった。安重根が1910年に旅順監獄で殉国する直前まで使っていたというすずりがここにある。実際に到着してみるとすずりだけではなかった。位牌に記念碑まで、寺は小さな安重根記念館だった。

旅順監獄の看守だった日本憲兵の千葉十七の故郷が近い。安重根の人格に感化された千葉は故郷に戻って安重根の遺墨と位牌などを一生家に祀り、彼が亡くなった後は齋藤住職が彼の代わりに安重根を追慕している。

大林寺訪問の目的はただひとつだった。日本政府がすずりを北朝鮮に引き渡そうとしているといううわさの真偽を確認することだった。秘密裏に進められた北朝鮮との拉致被害者交渉が壁にぶつかると、日本政府はすずりをてこにしようとしたという信じたくない話だった。続けざまにたばこを吸いながら深刻な表情を作った齎藤住職はしかし、「その通りだ。すずりを北朝鮮に返そうと要請した日本政府と政界関係者がいた」とうわさを事実と確認した。日本政府の発想にあきれたが、続く住職の話がさらに胸を刺した。「韓国の責任ある人々は(すずりを返してくれという)話をしない。このすずりは韓国の魂のようなものなのに、私に返してほしいと頼む人々は大使館や文化院の若い人たち、それも話をうやむやにする…」。記者は話す言葉がつかえ、東京に戻る足取りは重かった。

それから数日後、大林寺にすずりを寄贈した元の所有者探しに出た。東京・池袋で歯科医を運営する広瀬為人氏だ。彼は3年前に知人からすずりを買い取り、すずりを大林寺に寄贈した。かたくなにインタビューを拒否する彼は記者を見るや押さえ込んだ不満を爆発させた。「本当は2008年に日本を訪問した李明博(イ・ミョンバク)大統領にすずりを返そうとした。日本で一番有名な鑑定家から鑑定を受け、ソウルからきた専門家も本物であることを確認したが、韓国政府はずっと疑いながらあいまいな態度に出ている。安重根の魂が込められたすずりなのに韓国政府の人々はそのまま普通の物のように接した…」。

広瀬氏は韓国政府に対する失望感を隠さず、「それで安重根と千葉看守の友情が息づいている大林寺にすずりを寄贈した」と話した。

安重根のすずりを取材した1週間余り、日本では顔をまともに上げることができなかった。

ソ・スンウク東京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP