주요 기사 바로가기

<サッカー>趙広来氏「韓国サッカーがあきらめた部分を生かそうとした」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.10 09:49
0
サッカー韓国代表チームの指揮官から退いた趙広来(チョ・グァンレ)前監督が9日、ソウルで記者会見を行い、「ファンを混乱させて申し訳ない。韓国サッカーの発展をわずかながらでも支えるという心情で努力していく」と述べた。

前日、解任に反発していた趙広来は、この日は解任を受け入れる姿だった。趙氏はパク・テハ首席コーチらコーチ陣がそろって出席した中、「これまで韓国サッカーがあきらめてきた部分を中心にサッカー先進化に努めた」と主張した。

サッカー協会首脳部と対立しているホ・スンピョ元サッカー発展研究所理事長と親しいという理由で更迭されたのではという質問に対しては、「私が話すことではない」と言葉を控えた。

しかし趙氏は「技術委員会は韓国サッカーの百年大計を設計するところ。皇甫官(ファンボ・グァン)技術委員長はこの点をよく考えて、独立的に運営することを望む」とし、技術委員会議決手続きを踏まずに解任を決めたサッカー協会を批判した。

コーチングスタッフ間の不和説について、パク首席コーチは「監督の決定に対する調整が必要なら、コーチはいつでも話をしてきた。そのような部分がコーチングスタッフの葛藤に映ったようだ」と釈明した。

一方、趙前監督の故郷である慶尚南道晋州(キョンサンナムド・チンジュ)のサッカー関係者30人余りはソウルサッカー会館で、監督解任の撤回とサッカー協会首脳部の辞退を要求した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>趙広来氏「韓国サッカーがあきらめた部分を生かそうとした」

    2011.12.10 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    9日、ソウルで記者会見を開いた趙広来(チョ・グァンレ)前韓国サッカー代表監督
    TOP