주요 기사 바로가기

<サッカー>「韓国人になります」…外国人選手はなぜ帰化する?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.08 17:08
0
プロサッカー選手のジェナン・ラドンチッチ(28)が6日、城南(ソンナム)から水原(スウォン)に移籍し、「2012年に帰化して韓国国籍を取得した後、韓国サッカー代表チームでプレーしたい」と述べた。 ラドンチッチはモンテネグロ出身のストライカー。 韓国サッカーで帰化選手の代表抜てきは前例がない。 しかしラドンチッチが優れた選手のためか、話題になっている。

◇なぜ帰化?=故国代表になれなかった悔しさを晴らし、‘夢の舞台’ワールドカップ(W杯)に出たいという考えで国籍を変えるケースが多い。 プロフィールに代表チームでの経歴を追加し、価値を高めようという現実的な理由もある。 帰化選手を受け入れる国は、代表チームの弱点を帰化選手で解決できるという点に注目する。 成功すれば選手・国ともに‘ウィン・ウィン’となる取引だ。

◇第2のエウゼビオを探して=世界サッカー史に光る‘伝説’エウゼビオ(69)をはじめ、ポルトガルのゲームメーカーとして活躍したデコ(34、フルミネンセ、ブラジル出身)、スペインのユーロ2008優勝の主役マルコス・セナ(35、ビジャレアル、ブラジル出身)らが代表的な‘帰化スター’だ。 2002韓日W杯でポーランドのストライカーだったエマヌエル・オリサデベ(32)はナイジェリア生まれだが、W杯出場のためにポーランド人になった。

1942年にポルトガル領モザンビ-クで生まれたエウゼビオは、故郷ロレンソマルケスの小さなクラブでサッカーをしていた。 エウゼビオの才能を見抜いたポルトガルの名門クラブ、ベンフィカの招請を受けて1961年にポルトガルに渡り、1年後に帰化してポルトガル代表選手になった。 エウゼビオのおかげでベンフィカとポルトガルは欧州の強豪チームになった。 選手自身も富と名誉をつかんだ。

◇韓国はまだ=ラモス瑠偉、呂比須ワグナー、三都主アレサンドロ、田中マルクス闘莉王など、戦力強化のために帰化選手も抜てきする日本と比べて、韓国はまだ消極的だ。 2002韓日W杯を控え、全南(チョンナム)所属だったブラジル出身DFマシエルを帰化させることを検討したが、「国民情緒が容認しない」という理由であきらめた。 シン・ウィソン(ヴァレリー・サリチェフ、タジキスタン)、イ・ソンナム(デニス・ラクチオノフ、ロシア)、イ・サビク(ヤセンコ・サビトヴィッチ、クロアチア)ら実力ある選手も代表選手になれなかった。

しかし最近は帰化選手に対する認識も変わっている。 ラドンチッチが注目される理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「韓国人になります」…外国人選手はなぜ帰化する?

    2011.12.08 17:08
    뉴스 메뉴 보기
    プロサッカー選手のジェナン・ラドンチッチ(28)
    TOP