주요 기사 바로가기

<ゴールデンディスク>K-POP人気賞投票の過熱…システムのダウンも

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.07 14:59
0
世界に羽ばたいているK-POPに歩調をあわせて「第26回ゴールデンディスク授賞式イン大阪」人気賞部門のオンライン投票もグローバルな人気を集めている。

先月28日から、まず韓国で投票がスタートしたのに続き、5日からは日本はもちろん、世界のK-POPファンからの投票が始まると、さらに票の奪い合いが激しくなっている。

6日午前11時までの韓国における投票状況を見て見ると、アイドルグループのSUPER JUNIOR(スーパージュニア)が、他の候補を圧倒的に引き離して1位を独走している中で、他の28組が熾烈な接戦を見せている。SUPER JUNIORは、およそ12万9000票を獲得して58・12%を占め、続いて“最強ガールズグループ”少女時代が18・3%で2位に、f(x)、BEAST(ビースト)、CNBLUE(シーエヌブルー)、FTISLAND(エフティーアイランド)がその後を追っている。

一方で、海外ファンの参加も活発になり、刻一刻と投票順位が変化している。日本の人気投票の公式サイト(MSN Japan Award:http://features.entertainment.jp.msn.com/gda2011/jp/vote/)は6日午後、一時的にアクセスが殺到してシステムがダウンするという事態になった。6日午後6時現在では、パク・ジェボムが1位に入り、その後に少女時代が続いている。

日増しに過熱する人気賞投票によって、韓国はもちろん世界のK-POPファンの大阪行きラッシュも予想されている。

ある授賞式関係者は「昨年、ゴールドディスク授賞式を見ようと世界の韓流ファンがソウルに集まったように、大阪にも韓国をはじめ世界各国の韓流ファンが押し寄せることと予想される。イベントが開かれる大阪は、いまから海外からの応対に奔走している」と説明した。

昨年は、世界148カ国から約70万人以上のネットユーザーが投票に参加した。また韓国ファンよりアジアファンの参加が活発だったことも注目を集めた。中国からの約24万人をはじめ、米国(1万7000人)やサウジアラビア(5700人) など、東アジア以外の地域からの参加も多かった。

関係者は「現在までの投票数は、昨年同じ時期と比べても圧倒的に多い。第26回ゴールデンディスク授賞式を見ようと韓国内外のファンによる大阪ラッシュが期待されている理由だ」と説明した。

ファンが自らの手で選ぶ人気賞受賞者は、2012年1月11日と12日、日本の京セラドーム大阪で開かれるゴールデンディスク授賞式で発表される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴールデンディスク>K-POP人気賞投票の過熱…システムのダウンも

    2011.12.07 14:59
    뉴스 메뉴 보기
    SUPER JUNIOR(スーパージュニア)。
    TOP