주요 기사 바로가기

韓国政府「北朝鮮でも白頭山爆発説が広まる」

ⓒ 中央日報日本語版2011.12.07 11:39
0
北朝鮮が最近、地震・火山被害防止などに関する法律を制定したのは、北朝鮮内でも「白頭山(ペクドゥサン)爆発説」が広まっているのと関係している、という韓国政府の分析が出てきた。

韓国統一部は7日に出した「週間北朝鮮動向第1075号」で、2010年4月のアイスランド火山爆発と今年3月の日本大地震が発生した後、国際学界で白頭山(ペクドゥサン)噴火の可能性が提起され、北朝鮮内でも「爆発説」が広まった、と主張した。

統一部は動向分析資料で、「今回の法制定は対内的に体系的な防災対策準備を通して住民の不安を払拭し、対外的には防災関連の国際支援を引き出そうという意図と考えられる」と説明した。

該当法には地震・火山爆発の被害防止と救助計画および監視、予報、被害防止、救助に関する原則が提示された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP