주요 기사 바로가기

ソウル竜山国際業務地区の超高層ビルのデザイン公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.07 09:37
0
ソウル竜山(ヨンサン)駅勢圏開発は6日、ソウル竜山国際業務地区に建設される23棟の超高層ビルの外観デザインを公開した。

99階建て(450メートル)の「ブティックオフィスI」には伝統建築様式を現代的に再解釈したデザインが適用された。79階建て(360メートル)の「ブティックオフィスII」は宮廷と伝統寺院の柱の様式を反映させた波の形態をしている。60階建て(300メートル)と54階建て(260メートル)の2棟の住宅商店複合マンションは、中間の27階から10階の高さの雲型建築物でつながる「クラウドデザイン」(写真)。

111階建て(620メートル)の最高層ランドマークタワー「トリプルワン」は高さを上方修正したことで外観デザインが遅れ、今回の公開から除かれた。竜山駅勢圏開発は来年3月末に外観デザインを最終確定し、同年9月までに基本設計を終える計画。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル竜山国際業務地区の超高層ビルのデザイン公開

    2011.12.07 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    6日、ソウル竜山(ヨンサン)駅勢圏開発が公開したソウル竜山国際業務地区に建設される23棟の超高層ビルの外観デザイン。
    TOP