주요 기사 바로가기

“独島警備隊”が使うインターネット料金…高すぎる?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.07 08:42
0
独島(トクト、日本名・竹島)を守る独島警備隊が使うインターネット料金が毎月2300万ウォン(約158万円)に上ることがわかり議論が起きている。

慶北地方警察庁が6日に明らかにしたところによると、独島にインターネット回線を供給するKTは今年2月から毎月2295万ウォンのインターネット使用料を独島警備隊から受け取っている。

KTは2004年5月に独島・東島に大型衛星専用アンテナを設置した後、11個の専用回線を独島警備隊に無償で供給したが、アンテナ設置など投資費用の問題から今年から使用料を受け取っている。これに伴い、慶北警察庁が今年に入ってからインターネット使用料としてKTに支払った金額は先月までで2億2000万ウォン余りに達する。もちろん双方が合意した結果だった。

だが、このような使用料は過度なのではないかとの声が出ている。KTは2004年に独島に衛星アンテナを設置した後、「独島を守る」として独島を背景にした企業イメージ広告を出した。当時得た広告効果はすでになく、独島を守る警備隊に過度なインターネット使用料を賦課できるのかということだ。

慶北警察庁関係者は「企業に無償支援を要求し続けることはできない状況だけに、KTと再協議を通じ使用料を現在より低くする道を探したい」と話した。これと関連しKT側は、「独島のインターネットは衛星を通した専用回線で高価にならざるをえない。現在の使用料がとても負担とされているだけに値段を低くする方策を協議したい」と話した。KT側はこれまでの無償使用料は14億ウォン程度としている。

独島警備隊員は宿舎に設置されたコンピュータ11台で主に独島の警備状況報告や隊員の家族との画像対話などでインターネットを活用している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP