주요 기사 바로가기

豊臣秀吉復活させたトヨタのCM、「韓国無視」と非難の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.06 11:37
0
トヨタの新作CMが議論を呼んでいる。自分たちの過去の栄光を取り戻すという抱負を広告に盛り込んだが、主人公の1人が壬辰倭乱(文禄慶長の役)を起こした豊臣秀吉であるためだ。朝鮮を侵略した豊臣秀吉が21世紀に復活するという広告の内容は韓国のネットユーザーらから叱咤を受けている。

トヨタは先月から「Re BORN」という文字が描かれたリボン形のロゴを使用している。これにはしばらく低迷していた企業状況を打開し、再跳躍するという強い意志が込められている。

問題は、「Re BORN」キャンペーンの一環として同時期に公開したCMだ。広告には16世紀の戦国時代の人物の豊臣秀吉と織田信長が登場する。CMは全4編で構成され、豊臣秀吉と織田信長の2人が2011年に復活し、トヨタの車に乗り日本中を走り回るというあらすじだ。豊臣秀吉役は日本の国民俳優で監督の北野武が務め、織田信長役は人気映画俳優の木木村拓哉が演じた。

豊臣秀吉と織田信長は戦国時代にばらばらに分かれていた日本を統一した歴史的人物だ。 豊臣秀吉は壬辰倭乱を起こした。広告には壬辰倭乱の場面は登場しない。だが、豊臣秀吉が復活するという設定自体が韓国のネットユーザーらの気持ちを逆なでした。

動画サイトのユーチューブを通じてCMを見たネットユーザーらは、「韓国と日本を不快な関係にした歴史的人物を有名俳優まで動員して美化したことは韓国を無視したもの」「隣国も配慮できない企業が世界市場で再跳躍するというのは矛盾」という反応を見せた。

トヨタ側は論議が起きると現在この広告を放映していないと伝えられた。代わりにフランスの有名俳優ジャン・レノが漫画キャラクターのドラえもんに変身した後続広告を放映している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP