주요 기사 바로가기

米国政府「イラン状況が悪化…韓国は制裁参加を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.06 10:41
0
米国務省のアインホーン調整官(北朝鮮・イラン制裁担当)は5日、「イランの状況がますます悪化している」とし「韓国も制裁に参加して、私たちと同じメッセージを送ることを期待する」と述べた。

4日晩に訪韓したアインホーン調整官は在韓米国大使館で緊急記者会見を開き、「米国は世界の友人に、イランに対してはっきりとメッセージを伝えてほしいと要請してきた」とし、このように話した。特に「非外交的手段」に言及しながらイランに圧力を加えた。

アインホーン調整官は「米国は外交的な解決法を提示する考えだが、解決しなければ他の解決方法に関心を持つしかない」とし「できるだけ早期に強力かつ統一された形で行動をとるべきだ」と強調した。

韓国を訪れた米政府関係者が韓国当局者と会う前に記者会見を開いたのは異例。これは最近イラン領空を巡回査察していた米陸軍無人偵察機RQ-170が撃墜されるなど、米国とイランの緊張が高まるなか、イランに改めて圧力を加えるためと分析される。

政府当局者は「アインホーン調整官が訪韓した目的は韓米原子力協定改正を議論するためであり、イラン制裁に関して米政府の新しい指針を受けたとは考えにくい」とし「ただ、韓国政府がまだ態度を明確にしていないため催促する意味はある」と述べた。

米国は2週間前のシャーマン国務次官(政治担当)の訪韓当時、イラン制裁に追加で参加するよう公式要求した。政府は制裁参加や程度などを実務ラインで検討している。

米国が要求する核心は石油化学製品の輸入中断だ。韓国企業はイランから毎年3億ドル分を輸入して、国内で消費または再加工して輸出する。しかし石油化学製品は当初から対イラン制裁品目に含まれていないうえ、企業に輸入中断を強要する適切な手段もない状態だ。

政府当局者が懸念しているイラン産原油輸入問題に関しては、「アインホーン調整官は輸入の中断を要請しなかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP