주요 기사 바로가기

サムスン、アップルの本場米国で勝訴…鍵は17年前の「ザ・タブレット」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.05 08:59
0
アップルが米国でサムスンのスマートフォンとタブレットPCの販売を阻止するのに失敗した。米国でサムスン電子に勝利をもたらした最大の貢献者は、17年前に登場したタブレットPCの元祖格「ザ・タブレット(The Tablet)」だ。

「裁判所は1994年に‘ナイトリーダー’が作って配布した映像の中のタブレットPCがアップルのD889の特許と根本的に同じビジュアルを持つと判断する」。米サンノゼ裁判所が2日(現地時間)、サムスンのスマートフォンとタブレットPCの米国販売差し止めを求めたアップルの仮処分申請を棄却した決定文の一部だ。

ルーシー・コ担当判事(43)は「アップルはサムスン電子がiPadの一部の特許を侵害したことは立証したが、この特許自体が(元祖デザインであることを証明するのに)有効かどうかは分からない」とし、棄却の理由を明らかにした。これは「iPad以前にナイトリーダーのタブレットPCという‘先行製品’があったため、アップルの特許は新規性と革新性がない」というサムスン電子側の主張を裁判所が受け入れたと解釈される。

 
英日刊紙デイリーメールによると、米国のメディアグループ「ナイトリーダー」は「電子時代の新聞」として、記者・デザイナー・研究員がチームを組みながら「ザ・タブレット」という名前のモバイル機器を開発した。iPadが出てくる16年前の1994年のことだ。広報映像では「タブレットはコンピューターの新しい世界を開く。2ポンド(900グラム)以下と軽く、携帯しやすい」と説明している。

しかしこの試作品は製品化されなかった。05年にアップルが米特許庁から獲得したD889特許は長方形で四隅が丸く、前面が平たい画面のモバイル機器だが、この特許の有効性が法的争点に浮上したのだ。

また裁判所はギャラクシースマートフォンに関しては「サムスン製品が市場から撤収しなければ、アップルに取り返しのつかない被害を引き起こすという点を、アップルが立証できなかった」とし、アップル側の仮処分申請を棄却した。

これに先立ちアップルは4月、サムスン「ギャラクシースマートフォン」3種類と「ギャラクシータブ10.1」がiPhone・iPadのデザインを真似てアップルの特許を侵害したとして、米裁判所に訴訟を起こした。専門家らはサムスン電子の防御戦略にひとまず効果があったとみている。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン、アップルの本場米国で勝訴…鍵は17年前の「ザ・タブレット」

    2011.12.05 08:59
    뉴스 메뉴 보기
    17年前に登場したタブレットPCの元祖格「ザ・タブレット(The Tablet)」。
    TOP