주요 기사 바로가기

韓国企業、海外で初のレアアース鉱山開発へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.05 08:31
0
韓国企業が初めて海外レアアース(希土類)鉱山の開発に乗り出す。韓国鉱物資源公社は1日、南アフリカ・ヨハネスブルクで現地企業フロンティア・レアアース社と「ザンドコプスドリフト希土類プロジェクト」の株式1割を取得する契約をしたと4日、明らかにした。取得価格は2500万-6000万ドルになる見込み。具体的な価格は来月の事業報告書公示後、株価を考慮して決めることにした。

鉱物公社によると、南アフリカ西部ノーザンケープ州にあるザンドコプスドリフト鉱山はレアアース推定埋蔵量が3900万トンにのぼる大型鉱山。現在は精密探査段階で、2016年から年間2万トンのレアアースを生産できると公社は期待している。鉱物公社側は「契約には最大30%まで持ち株比率を増やせるという条件が含まれた」とし「この場合、韓国は年間6000トンほど確保できるが、これは韓国国内の需要(3300トン)の2倍近い規模」と説明した。

韓国でレアアースは電気自動車のモーターや各種電子製品、石油化学触媒剤などに幅広く使用されている。しかし世界の需要の97%を供給している中国が、この数年間に輸出量を急激に減らし、供給に支障が生じた。特に昨年は中国が日本との尖閣諸島をめぐる領土紛争で、これを「資源武器」として活用しながら世界に衝撃を与えた。レアアース1トン当たりの価格は09年の1万ドルから今年11月現在12万3000ドルに急騰している。

レアアース鉱山開発にはサムスン物産・現代(ヒョンデ)自動車・GSカルテックス・大宇(デウ)造船海洋E&R・亜州産業など5社が鉱物公社とコンソーシアムを構成する形で参加する予定だ。金信鍾(キム・シンジョン)鉱物公社社長は「中国依存から脱して、韓国の民間企業がレアアースを安定的に確保できる供給源を用意したという点に意味がある」と述べた。

レアアース(希土類)=ランタン・セリウムなど17種類の希土類。半導体・二次電池などに使われ、「先端産業のビタミン」と呼ばれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP