주요 기사 바로가기

<JTBC開局>韓国はきょうメディアビッグバン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.01 08:55
0
メディアビッグバンが始まった。韓国のメディア地形図を完全にひっくり返す地殻変動だ。新聞・放送・インターネット・通信の融合でメディアの間の壁を崩し、世の中を見る窓を変え人生と文化まで変化させる。

中央日報が主軸の韓国最大メディアグループJMnetのJTBCをはじめテレビ朝鮮、チャンネルA、MBN、ニュースYの4つの総合編成チャンネルと1つの報道専門チャンネルが1日から放送を始める。これは単にテレビチャンネル数が増えるということを意味しない。コンテンツ品質向上と多様化、質の高い雇用創出、グローバル競争力強化の3匹のウサギを捕まえるものだ。

総合編成チャンネルの開局は、メディア関連産業全般に巨大な付加価値を生み出す。総合編成チャンネル4社は資本金として1兆5346億ウォンを投資した。JTBCが最も多い4220億ウォンだ。これは韓国メディア産業史上で最大規模だ。1991年のSBS開局当時の設立資本金は500億ウォンで、現在912億6300万ウォンだ。

総合編成チャンネル開局で若い層に夢の仕事と呼ばれる放送・メディア関連の雇用が大量に作られている。JTBCはこれまで経験者と新規社員470人を採用した。中央日報とJTBCが統合して記者、プロデューサーなど63人を新規採用した。これはメディア史上で最も大きい規模だ。採用の波は独立制作会社にまで広がっている。独立制作会社四季のチョン・ヨンファ社長は、「総合編成チャンネル開局でプロデューサーと作家を確保するのは空の星を取るほど難しい。関連業界の働き口は急増している」と話した。

総合編成チャンネル4社が1年間に制作しなければならない総分量は1万7520時間だ。 地上波3社よりさらに多くのコンテンツを作らなければならない。総合編成チャンネルの場合24時間放送をするためだ。それだけ働き口が増え多様なコンテンツが提供されるという話だ。JTBCは特級俳優チョン・ウソンとハン・ジミンが主演するドラマ「パダムパダム」を、TV朝鮮はファン・ジョンミンとキム・ジョンウン主演の「韓半島」、チャンネルAは「天上の花園」を出す。視聴者の選択権もこれにより広がる。

新聞と放送の融合でニュースが一層強く新しくなる。JTBCは報道局記者100人に中央日報記者300人がニュース制作に参加する。放送ニュースのスピード性に新聞報道の深層性が加わるという意味だ。地上波放送のニュースとは差別化されるほかない。JTBCのイ・ギュヨン報道局長は、「地上波の1分30秒ニュースを脱し5分前後のブロック型ニュースと調査報道を強化する」と話した。

専門家らは総合編成チャンネルのスタートとともに「第3の韓流」を予想する。総合編成チャンネルが韓国市場を抜け出しグローバル競争力を確保してこそ生き残れるためだ。すでに日本や中国などアジア市場では総合編成チャンネルのコンテンツに対する関心が高まっている。中国でドラマ10本を制作した北京テヒョン広告有限公司のキム・エリョン代表は、「中国の放送だけでなくインターネット動画市場で韓国総合編成チャンネルへの関心が高い。JTBCの放送コンテンツ価格を地上波水準で払うという事業者がいる」と紹介した。日本の放送界の関心も高い。JTBCに投資した日本のテレビ朝日は、「報道・ドラマ・芸能など多様な分野で密接に協力する」と話した。総合編成チャンネルスタートは大きな関心と論争の末にメディア関連法(新聞法、放送法、IPTV法)が2008年に国会を通過して3年ぶりとなる。昨年放送通信委員会は4つの総合編成チャンネルを許可し、審査過程でJTBCが最高点数を受けた。崔時仲(チェ・シジュン)放送通信委員長は、「総合編成チャンネルは絶え間ない革新と創造的挑戦で韓国の放送が世界へはばたくのに先導的役割をするだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <JTBC開局>韓国はきょうメディアビッグバン

    2011.12.01 08:55
    뉴스 메뉴 보기
    きょう開局するJTBCのホームページ((http://www.jtbc.co.kr)。
    TOP