주요 기사 바로가기

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(30)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.29 17:14
0
2001年6月19日、ついに日本初の超高速インターネット事業を始めた。 日本最大通信企業NTTよりはるかに速いサービスを、その8分の1の料金で提供すると宣言した。 野心に満ちたスタートだったが、あちこちが地雷原だった。 回線と基地局を貸さなければならないNTTは鈍くて非協調的だった。 加入の過程は複雑で、顧客の認識も低かった。 サービス体系も問題が多かった。 何よりもこれをすべて改善するために必要な資金がなかった。 融資を受けたかったが、銀行は相手にしてくれなかった。 増資もうまくいかなかった。 私は持っているものを売ることにした。 戦略事業と考えてきたものまでも手放した。 米ヤフー本社の株も売却した。 ヤフーBB(超高速インターネット事業のために設立したヤフージャパンの子会社)を生かすことがソフトバンクが生きる道であり、私が夢見るデジタル情報革命に大きく近づく方法だと信じたからだ。

資産売却過程で私は予期しなかった壁にぶつかった。 最高財務責任者(CFO)の北尾吉孝氏と激しく対立したのだ。 野村証券ニューヨーク支店長出身の北尾氏は1990年代初めから私と多くの仕事を一緒にしてきた‘同志’だった。 多くの合併・買収(M&A)の裏には、いつも北尾氏と北尾氏率いる無敵の財務チームがいた。 その北尾氏が私に背を向けたのだ。 未来が不確実な超高速インターネットに集中投資し、会社の財務状態を深刻な状況に追い込むことに対する反感だった。

#超高速インターネット投資で会社を去ったCFO

02年、結局、北尾氏は取締役会のメンバーとしての権限を利用し、ソフトバンク本社の一部を分離して独立した。 SBIホールディングスという会社の最高経営責任者(CEO)になった。 創業者の右腕だった財務責任者が会社を出ると、株価は急落し、うわさが乱舞した。 なんとか状況を収拾しなければならなかった。 私は急いで新しいCFOを物色した。 富士銀行副社長で引退した65歳の笠井和彦氏を招聘した。 これまでの役員に比べて相対的に高齢であるうえ、生涯、大手銀行に身を置き、名誉ある引退をした人物だった。 それだけ安定的で活動幅が広く、北尾氏が去った後遺症を短期間で克服できた。

事業する者にとって財務責任者の意見は何よりも重要だ。 しかしお金の計算だけを前面に出していれば、飛躍のための革新と冒険から遠ざかる可能性もある。 北尾氏は卓越した人物だが、私が彼の意見にずっと従っていたとすれば、今日のソフトバンクはなかっただろう。 私は最近よく北尾氏に会って食事を一緒にする。 今でも北尾氏の高見を有難く受けている。 しかし判断をして責任を持って未来を切り開くのは結局、自分の役割だ。
【特集】<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP